ここ何年かで大きく成長を伸ばしている日本のYouTube!

小学生にあてたアンケート調査で
将来なりたい職業第3位にYouTuberがあがった。



なにがそんなに子供の心を掴んで話さないのか?

そもそもYouTuberとは何でお金を稼いでいるのか?


YouTuberとはどんな職業?

昔、アメリカに住んでいたころに友人がこう言った。



「うちの息子、YouTuberなの」



8年くらい前だろうか。



そのころは私の耳には新しかった言葉だったのだが
世間では当然の用語だったみたいだ。




友人にYouTuberってなに?ときいたところ彼女は
「動画をYouTubeにアップロードしてお金を稼ぐのよ」
と、答えた。




インターネットといえば私にとってはメールのやりとりや、
調べ物をする場でしかなかったので「YouTuber」という
お金の稼ぎ方があることを知ったのはとても衝撃だった。




動画を自分で撮影し、編集し、音楽などもいれて
人の注目を浴びて広告料金を貰う。

簡単にいうとそういうことを仕事にするひとがいる、
ということだ。




やだー、楽して金儲けできんのー?

と、当時の私はそう言った。



数年後の今、日本もYouTuberが増え、UUUUMという
YouTuberたちが所属する一大企業も出来たほどだ。

YouTuberをここまで世間に知らしめたのはHIKAKINという人物。



当然、彼が現れる随分前から日本でもYouTubeが流行っていた
だが、今のように生活の一部ではなかった。



インターネットはここまで人間の生活に影響を及ぼしているのだ。

なぜそんなに儲かるの?

答えはこうだ。



動画をYouTubeにアップしたと同時に収益化をする。
すると、企業から広告が入り、広告のクリック数で利益を計算する。



例えば、1000回の閲覧数で、その動画の価値の
支払いが見込める仕組みなのだ。



教育上問題のある動画、アダルト関連の動画、社会に影響を
及ぼす危険性のある動画、などは収益化できなくなっている。



そして、私の経験だと1動画の価値数値が$39.26(1000回閲覧された場合)
のとき、もしも、1万回以上の閲覧があれば390ドルの見込収益があることになる。



1この動画で1万回の閲覧数を超えれば、
約4万円の価値があるということになるのだ。



さらに加えて、自分のYouTubeをチャンネル登録(お気に入りみたいなもの)
してもらうと追加収益があるらしい。




間違えてほしくないのだが、YouTuberたちは
自分の生活をこの収益で賄っている。




閲覧数が減れば彼らの収益が減るのだ。




ゲーム実況や食レポなどのなんら特別な技のない動画がありふれているが、
そこにも考えられないほどの努力がつめこまれている。




ゲームなど誰でもプレイはできる。
だが、実況となるとどうだろうか?




そのゲームの何を知っているのだ?
そのゲームは誰を対象としているのだ?
そのゲームの面白さをどう伝えるのか?




きちんとしたプレゼンテーション力があるだろうか?



食レポをするその商品のことをどれだけ知っているだろうか?




誰にむけて、なにを目的に、どんな方法で動画を配信するのか?

これはマネージメント力も求められてくる。




カメラの前でバカなことをしているYouTuberたちも普段は
いろんなことを勉強し、経験して学んでいるのだ。



この世に楽して設けようなどという職業は1個としてない。
それだけは今の小学生に伝えておきたいところだ。

この記事を書いたユーザー

7ate9designers このユーザーの他の記事を見る

日常で感じたことを書いていきます。 よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 音楽
  • スポーツ
  • 社会問題
  • ライフハック
  • インターネット
  • 育児
  • 広告
  • ゲーム
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら