子どもの日である5月5日、朝日新聞「ひととき」のコーナーに、大阪府吹田市の方が投稿した「娘よ、元気だして」という記事が話題になっていますので、ご紹介させて頂きたいと思います。

■「娘よ、元気出して」

今春、女子大の薬学部に進学した娘の入学式に出席した。駅から大学までの歩道に、学生が花道を作り、サークル勧誘のビラを配っていた。多くは近くの国立大の男子だった。

誰もくれなかった。(可愛い子だけ)見極めているからと男の子たちが言っていた」と娘が言った。

よく観察すると、帰りは反対側の道を通ったのに、娘の頭越しに、後ろの子に渡していた。娘は最初は怒っていたが、帰りの電車の中では、涙を流していた。

出典 https://twitter.com

娘は地味な子だ。中2の時に、男子にからかわれ、容姿に自信をなくした。高校では、おしゃれなチェックのスカートをはいたりして努力していた。だが、高2で突然、おしゃれをやめた。笑顔が消えた。でもこの日は、心機一転、生まれて初めて薄くメイクもして臨んだのに…。

娘はいつも「男子はきらい」と言う。私は娘に「男の子を理解できる度量を持てればいいのに」と思っていた。だが「こういう風に傷ついてきたんだ」とはっとして、私も心が傷んだ。

でも娘よ。目標に向かって努力できる才能を認めてくれる友だちをつくって、笑顔で大学生活を送ってね。

出典 https://twitter.com

大切に育てた子どもの傷つく姿を目の当たりにして、このお母さんはとてもお辛かったことと思います。それと同時に、「男の子を理解できる度量を持てればいいのに」とこれまで娘に思っていた事を思い出し、心を傷めたと綴っています。

確かに、容姿でからかうような、そんな男の子を理解する度量を持った中高生なんて、なかなかいないですよね…。お母さん、そこに気づいてくださって良かったです。そして最後には「笑顔で大学生活を送ってね」と、娘にエールを送っています。

■この投稿はネットで拡散され、大きな話題に…

こうした悲哀、お察しします(私も冴えない男子学生でした)。しかし「顔でサークル勧誘ビラを渡す女子大生を選ぶ男子学生」なんて碌でもないのは確定ですから、そんな所に入らなくて正解だったという面もあるかと…彼女に実り豊かな学生生活を祈念。

出典 https://twitter.com

その通り、そんなサークルに入らなくて正解だったと…。

勧誘相手を顔で選ぶサークルなんて行ったらどうなるか分かったものじゃない

出典 https://twitter.com

ヤリたい盛りのサークル勧誘男子学生にちやほやされることにどれだけ価値があるかとも思うけど、残酷な容姿の評価ではあるわけで、女の子にはキツイよね。

出典 https://twitter.com

そこに価値はなくてもやっぱり残酷。傷つきますよね。

そんなことしてる奴らは絶対に不細工ばっかだろうしそんな不細工たちに『サークル入ってぶー♡』とかでゅふでゅふ言われるのかと思うと美人って大変だな。他人の容姿に厳しい不細工は地面に埋まれ。

出典 https://twitter.com

顔だけでなく、心も不細工すぎます。

この投稿したお母さん凄く悔しかったんでしょうね。だって自分が手塩に掛けて育てた娘で、馬鹿にされる程親として腹立たしかったと思いますし、勉強もお洒落も努力している姿を見ているからこそこういう言葉しか掛けれない切なさを感じました。

出典 https://twitter.com

努力している姿も、傷ついている姿も、全部分かっているからこそ、お母さんも相当悔しいはずです。

私も大阪の芸術大学で似たような経験をしました。元々肥満体なのですが、何かの同好会が肉体を弄った酷い言葉を投げかけてきて泣きながら帰りました。男子ヒドーイって言ってる周りの女性先輩も笑っていました。なかなか忘れられないです

出典 https://twitter.com

忘れられるわけがありません。

わたしも大学入ってサークル勧誘の中を通過するとき、一緒にいためちゃくちゃかわいい女の子はめっちゃビラもらってて、横にいるわたしは透明人間かのようだったことがあったな...たぶん普通にやられてることなんだと思うけど、やられた方は傷つくよね

出典 https://twitter.com

本人だけが感じ取ってしまう見えない差別…。傷つきます。そして、私もされたことあるという方の多いこと。

ビラ配りによる「ハラスメント」を受ける人が少なからずいるという事実は、もっとクローズアップされていいのかもしれない。

出典 https://twitter.com

出典 http://www.photo-ac.com

大学の入学式という晴れ舞台で、母娘にとっては一生忘れられない傷となったかもしれません。それでもお母さんがおっしゃるように、友達を沢山つくって、笑顔で楽しい大学生活を送って欲しいと願いますし、彼女にはきっといい出会いがあると信じたいです。

そして、そんな行動をしている本人達は楽しいのかもしれませんし、はしゃいでいるだけかもしれません。でも逆に自分がそうされたら?…もっと人間として当たり前に、人の気持ちを考えて行動してほしいものです。

自分自身の言動についても改めて考えさせられる投稿を、ご紹介させて頂きました。

この記事を書いたユーザー

苺いちえ このユーザーの他の記事を見る

Twitter、Facebookでのシェア大歓迎です♡よろしくお願いします♪

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス