文筆系トークバラエティって何?

トーク番組は数あれど、小説家だけを呼ぶのは新しくていいね。

名前は知っているんですけど…と言う人がどんどん出てくる。

本を読まなくなっているって本当ですか?

本が売れなくなったと言われてから、結構経ちますね。でも、わたしは読み続けている、買い続けています。


単純に、見るや読むのチャンネルが増えただけで、「見る・読む」の価値は高いままですよね。


筆者は個人的に、今も今後も本を支持します。

オードリー若林さんて読書家だったんだね。

私は若林さんを、なめていた。

筆者はオードリーといえば、春日さんのイメージが強い。たぶん古いイメージ、あまりバラエティを見ないので、長らく変わっていなかったんだね。

そう言えば、深夜番組のMCをチョコチョコやっているなぁとは思っていましたが、縁がなかった。


いやいや、なめていましたよ。司会出来るね。本の知識も、作家さん達との繋がりも多くてこの番組のMCにぴったり!おみそれしました。

まず、作家を見るのが楽しい!

今週のゲストは平野啓一郎さんと山崎ナオコーラさん。

ナオコーラって名前?へんだな~と思っていたら、コーラが好きでつけた名前との事。
そんな理由!?しかも、いま本人も後悔しているらしい^^

平野啓一郎さん、デビュー作「日蝕」で、最年少で芥川賞を受賞。

番組の中で話している「天才」についての話がすごく興味深かった。

真の天才は、あまりにも世間との乖離が強いため、素で生きていけない。だから、周りの人に理解をもち、やさしくしてなんとか生きてる。今まで会った天才はみんな笑顔で優しかった。中途半端なやつが、横柄で偉そうだって。面白い人間観察ですね。

山崎ナオコーラさんと言えばこの作品「人のセックスを笑うな」でしょうね。
これも、デビュー作で第41回文藝賞を受賞されています。題名がインパクトありですね。

山崎さんは、一応性別を公表しないで仕事をしているつもりと…なるほどペンネームからは確かに、性別はわかりませんが、でもテレビに出るとわかっちゃいますよ^^

普段読書をしない人も面白いと思う!

視聴者からのテーマを元に、トークを繰り広げていきますが、やっぱり小説家の視点て違いますね。その独特の視点からの話を聞くだけでも、十分面白いですよ。

最後はおすすめの本を紹介してくれる。

今週のおすすめは、森鴎外の「高瀬船」でした。

私、読んでないので分かりませんが、毎週のおすすめを読んでいくってのも良いかも?

とにかく、本当に面白いので騙されたと思って一度チェックしてみてね。

                 byおしょぶ~

この記事を書いたユーザー

おしょぶ~ このユーザーの他の記事を見る

現在、親の介護専業中です。母が施設に入り、かなり落ち着いてきました。父の事があるので、全面社会復帰とはいきませんが、すこしづつ社会と関わって行きたいと最近考えています。経験を生かして、介護情報ブログ書いています。http://masaru-masaru-3889.hatenablog.com
若い方にはつまらないブログかも?ご両親に紹介だけでもお願いします^^役立ちます。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス