みなさま、路上ライブなどご覧になったことはありますか?

路上で単独でライブを行う人は、歌も演奏もかなりハイレベルだと思いますので、足を止める価値はあると思います。

ツイッターユーザー「ガイドミー(@GuideMe)さん」のつぶやきに添えられた画像を見て、猫好きとしては堪らない気分になりましたので、ご紹介させていただきます。

いったいどんなつぶやきなの?

そのつぶやきは、

ストリートミュージシャンが歌ってたら何故か猫が集まってきて座って夢中に聴く 可愛すぎワロタ

出典 https://twitter.com

という一文と、1枚の文章を伴い構成されております。

ちなみにこちら、海外のサイトからの動画の紹介ということで、下記にそのサイトをお知らせしておきます。

それでは、つぶやきをご覧ください

◎ツイートはこちら

これは、猫好きには堪らないシチュエーションですね。

猫が正座して歌を聞いてくれている。しかも時間を追うごとに増えてる(笑)

◎動画はこちら

出典 YouTube

ミュージシャンの方が途中、歌いながら「クスッ」となってしまったところが、印象的でした。
音楽や歌声も素晴しいので、猫も思わず聴き入ってしまったのでしょうね。

ところで、なぜ猫ちゃんたちは足を止め、このミュージシャンの演奏を聴きいっていたのでしょうか。
わたくしの69年の人生を振り返ってみても、こういったシーンに出くわしたことがないので、不思議でなりません。

◎なぜ猫たちが寄ってきたのか?

明確な理由は分りませんが、人間が「1.5~2万ヘルツ」の音域に適合しているのに対し、猫は「 6万~10万ヘルツ」に適合しております。
ミュージシャンの発する声が高音で、ギターの音色も高音域な印象でしたので、猫には心地良い音楽だったのかも知れません。

猫は一般的に男性より女性の方が好きといわれますが、これは猫にとって高い音に比べて、低い音を聞き分けるのは、やや苦手だからです。
女の人の高くて柔らかい声の方がよく聞こえるためです。

出典 http://ww3.tiki.ne.jp

そういえば我が家でも、猫はわたくしや息子たちよりも妻や娘に寄っていくような気がします。
わたくしが呼んでもシカトしますが、妻が呼んだら駆けていきますしね。

また、ウィスコンシン大学の研究によりますと、音楽に興味を持ったのが若い猫と年を取った猫とのことで、その辺りにもヒントがありそうです。

ウィスコンシン大の研究では、猫のどの種が音楽に対して強い嗜好を示すか、「好む」かどうかは、被験者となった猫の大半が雑種だったため、不明なのだそうです。
しかしながら、中年の猫の反応は今ひとつで、若い猫と歳をとった猫は敏感に反応してくれたとのこと。

出典 http://inumo-nekomo.jp

この路上ライブの観客(ニャン客)は、若い猫と老猫だったのかも知れませんね。

中年の猫は、音楽にあまり興味をしめさなかったとのことですので。

なぜ猫たちが寄ってきたのか?

それに対して明確な答えを出すのは現在の猫学では不可能でしょう。

このミュージシャンの奏でる音楽が、人間にも猫にも心地良いことが疑いようのない事実だということで、締めくくらせていただきます。

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス