YouTubeを見ているとゲームの実況が行われているのを見かけることだろう。ゲームを実況しているところを見るのは、ゲーム好きには、わくわくして楽しいことだろう。でも、ゲームを作るにはたくさんの開発費や権利関係の法律など複雑な仕組みなどをえて販売されている。そのゲームをYouTubeで実況するのは著作権違反にあたる可能性がある。
任天堂クリエイタープログラムは、任天堂が発売しているゲームソフトの実況を登録した人だけを認めるということだ。その場合は、YouTubeでの広告収入を任天堂と実況者で分けることになる。実況者には、2016年5月時点で60%がシェアされるそうだ。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら