地下アイドル業界の闇

地下アイドルの低年齢化は年々、加速の一途を辿っている。私が中1で地下アイドルの世界に足を踏み入れた頃はどの会場でも常に最年少だった。しかし今や、中学生は当たり前、小学生や幼稚園児を集めたユニットまであるのが現実だ。ライブ終了後の物販やファンとの交流イベントでの抱っこ会など行き過ぎたスキンシップや金銭問題など、地下アイドル業界の闇は年々、深くなっている気がするのは私だけだろうか?

なぜ、そんな事態が起きているのか?
ただ、可愛らしいキラキラした衣装や華やかに見えるステージに憧れて、アイドルを夢見る女の子。一所懸命にレッスンやライブに取り組む子どもたち。そして我が子を思う親の気持ちを利用して集客しようとする汚い事務所サイドの大人の目論見が嫌でも見え隠れする。

悲しいかな、そんな状況を知らずに芸能界への足がかりだと信じて大切なお子さんを怪しい事務所に預けてしまう親御さんも多いと思う。

中1のころ

お子さんのために!

お宅のお嬢さんには才能がある!このまま埋もれさせるのはもったいない!そんなことを言われて嬉しくない親はいないと思う。可愛い我が子のためを思えば多少の負担は厭わないという、親御さんは少なくないのでは?

レッスン費用や事務所登録料、宣材写真料、衣装代、レコーディング費用など、事務所所属のアイドルさんであれば、それらは当然、事務所が負担するものではないだろうか?しかし、何も知らずに自分の子どものために負担している親御さんがいるのも事実だ。

これは以前、所属していた事務所で実際にあった話だ。あるジュニアモデルのおばあさまが経営していた飲食店を売却して、お孫さんのためにと事務所の運営資金を出資していたそうだ。しかし、ずさんな経営のため、事務所はいつの間にかなくなっていた。私自身は既にその事務所を辞めていたため、1年後にそのおばあさまから電話を頂いて直接、その話を聞いた。

また、敢えてソースは書かないが数年前、某中高生アイドルラップユニットのメンバーの親御さんが、大きくなりすぎたこれらの金銭的負担に疑問を感じてユニットを脱退、事務所も辞めたという話がネットニュースにあがった。そのアイドルさんの名前を見て、少なからずショックを受けた。ファッションショーやモデルレッスンで何度も顔を合わせて仲良くしていた、ジュニアモデルさんだったからだ。私自身、以前は事務所に所属して地下アイドルとして活動していたが、それらを事務所に要求されたことは一度もなかった。

念のため、書いておくが上の2つの事実は別々の事務所の話だ。しかも、伝聞だけではなく、私自身もお会いして交流がある人たちが巻き込まれている。

中1の頃 しえ☆すた というユニット

過剰なスキンシップ

自分の子どもが可愛いと言われて嫌な気がする親はいないと思う。実際に小さい子たちが一所懸命に歌ったり踊ったりする姿を見て、応援してあげたくなる人は多いと思う。たまーに小学生の女の子たちのユニットとライブでご一緒させていただくこともあるのだが、ダンスも歌も頑張って練習したんだねー!!と褒めてあげたくなる。アイドルオタの人から見ると推し変してでも応援したくなる気持ちは私にもわかる。
勿論、純粋に応援する人が圧倒的に多いはずなのだが、悲しいかな、中にはちょっと危ない人もいるのだ。

私自身が目撃したことなのだが、ライブの物販中にマネージャーさんの目を盗んで、小1くらいのアイドルさんを自分の膝の上に座らせて脚を撫でていたかと思うと、いわゆるM字開脚の状態でその子を持ち上げるという、暴挙に出たファンがいたのだ。一緒にいた私の母がすぐに気付いてその子を呼んで、お母様に引き渡して事情も説明したそうだが、そのアイドルさん自身は危ないファンの人にとても懐いているようで、M字開脚されている間もキャッキャと笑っていたし、抱っこしてもらってごきげんだった。

これはネットで見たものなので事実かどうか、分からないが小学生アイドルさんたちの抱っこ会と言われている画像がいくつも上がっている。今でも検索すればすぐに見つけられる。運営側も注意はしているのだろうが、見ていない隙を狙っている危ない人もいることは事実なのだ。

小学生アイドルとしてステージに立って立派にパフォーマンスをしている子たちも、普段はやっぱり小学生なわけで、危ない人かどうかなんて分かるわけがない。ニコニコして優しく声を掛けてくれたり、ライブの度にプレゼントをくれるファンはみんないい人だと思ってしまうだろう。優しいお兄さんが抱っこしてくれたとしか思ってなくても不思議じゃない。だけど、ちょっと考えれば知らない大人の男性が小さな女の子の太ももをなでたり、頬ずりしたりということが異常だということは大人ならわかるはずだ。

低年齢アイドルはみんなで守り育てて行こう!!

アイドルの低年齢化について批判する気はまったくない。私自身、中1から地下アイドルライブに出ていたし、ライブ会場に来てくださる方は皆さん、優しくて親切で嫌な思いをしたことは一度もなかった。それは所属していた事務所の方々や母や兄がしっかり守ってくれていたからだと思う。

だが、アイドルを夢見る子どもたちやその親御さんを食い物にする怪しい事務所が存在すること、本当に親身になって小学生アイドルさんたちを育てようと頑張っている事務所の運営の目を盗んで、過剰な接触をする一部のファンがいるという事実があることは放置してはいけないと思う。

次世代を担うであろう、低年齢アイドルたち。小学生や就学前からレッスンを受けてステージに上がっている彼女たちはある意味、エンターテイナーとしての英才教育を受けているようなものではないだろうか?今は奇跡でも起きないかぎり地上のメジャーなアイドルにはなれないと言われている、地下アイドルだが、もしかしたら5年後、10年後には彼女らがAKBやももクロのようにメジャーなアイドルになっているかもしれない!

小さなアイドルたちを守り、育てるのは親御さんや事務所だけじゃない。一番必要なのは地下アイドルを応援する、多くの優しく暖かいファンの皆さんの力なんだと私は思う。

この記事を書いたユーザー

七歌(天乃ななえ) このユーザーの他の記事を見る

バイト戦士でうたうたいびと 現役コスプレイヤーの七歌と申します。オタクならではの視点で自分の目で見た事実を書いています。よろしくお見知りおきを!

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ゲーム
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス