『五月病』の季節がやってきました

Licensed by gettyimages ®

4月から新しい環境でスタートした人たちにとって、ゴールデンウイーク明けのこの時期は、五月病の予防と対策が必要ですね。

そういえば『五月病』ってなんとなく使ってるけど…

実は五月にかかるから『五月病』ではない!?

Licensed by gettyimages ®

え?と思われたかもしれませんが、五月病というのは五月にかかる病気ではなく、『新しい環境に適応できないことで起こる症状の総称』をいいます。4月の現在、時期的に様々な理由で生活が変化する方がいると思いますが、その生活に慣れることが出来ずに「抑うつ」とか「不安」とか「無気力・虚脱感」っていう状態が起こった場合のニックネームのようものです。

出典 http://leapsjapan.com

『五月病』は主に適応障害と診断される

Licensed by gettyimages ®

実際の診断では、「適応障害」をはじめ、他に「抑うつ神経症」「軽症うつ病」等といった診断名になる場合があります。

出典 http://leapsjapan.com

そして五月病はどういった経緯で言葉が広まっていったのでしょうか?

五月病の誕生は大学生からだった

Licensed by gettyimages ®

「過酷な受験を通り抜けてきた大学生が、試験の緊張感から解放され、長いこと張り詰めた緊張から解放され、または、想像で胸を膨らませていた大学が期待はずれだったなどから、ぼーっとした状態になること」「受験」「入学」「大学」といったワードが散りばめられていることから分かる通り、五月病というのは、最初は主に新入生(大学1年生)を対象に生まれた言葉だったのです。

出典 http://leapsjapan.com

今では主に社会人に使われる『五月病』ですが、

実は
東大生に多く見られた現象でした。

『五月病』の語源は東大生!?

Licensed by gettyimages ®

そもそも「五月病」というのは、1960年代にあの東京大学の駒場キャンパスで大学関係者より広まり使われ始めたと言われています。

出典 http://leapsjapan.com

『五月病』は意外と古くから言われ始めていたのですね!驚きです。

東大といえば超難関大学なので、過酷な受験から解放されて無気力になってしまうのは分かる気がしますよね。
私の友人は現役で東大に入学したのですが、すぐに中退してしまいました。
もったいないなと思いますが、本人も人知れず悩んでいたのでしょうか。

理由のはっきりしない留年学生が大量に出現!

Licensed by gettyimages ®

青少年の病的心理に詳しい精神科医の笠原嘉先生によると、その昔、1968年に長期留年学生への対策を検討するなかで「特有の無気力状態になる学生の問題」 と報告されたことが発端だそうです。その問題というのが、『理由のはっきりしない留年学生が大量に出現しはじめた』。

出典 http://leapsjapan.com

1968年とは東大安田講堂事件の前年です。この頃は東大闘争と呼ばれる東京大学での大学紛争もありましたね。

過酷な受験から解放されてぼーっとなったというのとは別に、いろいろな問題を抱えていた時代背景もあったようにも思います。

そして世間一般へ広がった

Licensed by gettyimages ®

その後、「五月病」という言葉は大学内に留まらず世間一般へ急速に広まり、1968年当時、流行語にもなったそうです。

出典 http://leapsjapan.com

五月病が一般に認知されるようになったのは、学生運動が下火になる1970年以降とも言われています。

いかがでしたか

最近は一年を通して『うつ病』が社会問題になっているので、『五月病』の言葉もあまり使わなくなった気もしますね。

普段何気なく使っている『五月病』も、今から50年近く前の流行語になっていたとは意外でしたね。

この記事を書いたユーザー

ALICE このユーザーの他の記事を見る

東京でクリエイターをしています。最近は主にデジタルコンテンツの制作をしています。
アート、デザイン、音楽、ファッションなどが大好きです。
たくさんの人たちが楽しめるような情報を中心に発信したいと思います。
よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • インターネット
  • おでかけ
  • 広告
  • 料理
  • テレビ
  • カルチャー
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス