花粉症はスギ花粉だけじゃない!

花粉症の症状を持つ方は、スギの時期になると大変苦しい思いをされると考えられます。花粉症ではない私ですが、ここ最近5月ごろになると目が腫れぼったくなり、ある日朝起きたとたんに鼻水とくしゃみの戦いになります。

ただし、毎日ではありません。

どういったアレルギーを発症したのか、その種類というのは特定に至りませんでしたが、アレルギーの薬について興味を持ち調べてみました。

※口コミなどを参考にしており、必ずしもそういった作用があるというわけではありません。

アレグラやアレジオンがお馴染み?

家族が酷い花粉症であり、薬局に行くならばアレジオンを買いためておきました。

薬剤師さんに伺ったところ、アレジオンが効くと感じる方はアレグラが効かないと感じる人が多く、逆もまたしかりといった状態が多いそうです。
あくまでそういった話が多いというだけであって(口コミ程度の認識でお願いいたします)、それなりの根拠ではありませんが、薬が効かないから変えてみようというときはアレジオン←→アレグラでは、あまり効果に差を感じられないのかも?

今までの薬が効かないと感じたら、効果をランクUPさせるといいかも?

単純に薬の効果という点では
アレロック>ジルテック、ザイザル>タリオン、アレジオン>アレグラ>クラリチン

出典 http://2015kafunshou.blog.so-net.ne.jp

薬の効果の度合いというのが分かりやすい図ですね。
さて、私が何のアレルギーを発症したのか謎でしたが、処方されたものが「アレロック」でした。

この「アレロック」は、図で分かる通り「最高ランク」に存在する凄いお薬のようです。
市販薬ではなく、調剤薬局で受け取るタイプの処方箋が必要になります。

薬の効果を強くしするデメリットは、眠くなりやすい!

アレロックは「効果」も強いのですが、「眠気」も強いとされています。

出典 http://2015kafunshou.blog.so-net.ne.jp

効果が強いということは、酷いアレルギー症状が抑えられ楽になるということですが、デメリットが一つだけあります。

それは、効果が強くなればなるほど眠気が強くなる。

ただ、これに関しては個人差が強く左右されるそうで、そういった症状が強く出てしまう体質の人もいるという感じなのだそうです。いつものことだからと市販薬で済ませてしまう人も多いと思いますが、病院で受診することでより自分にあった花粉症対策の薬と出会えるかもしれません。

もし、いつもの薬が効かないと感じたら一度病院で受診してみませんか?

この記事を書いたユーザー

Furou Break このユーザーの他の記事を見る

暮らしに役立つ記事を書くWebライターです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら