夏を思わせる暖かい日が続いていますね。まもなく春も終わり、本格的に夏がやってきます。
そうなると出番が来るのが、“エアコン”ですよね。

しばらく使っていないエアコン、もちろんそのままでも使えはするのですが、意外とホコリと汚れがたまっていて、臭いが気になることも。

解禁前に、エアコンの掃除を始めましょう。ホコリや汚れがすっきりすれば、匂いだけでなく、省エネにもなりますよ。

今回は、家庭でもできるエアコンの掃除方法をご紹介します。

■エアコンの掃除をする前に

ホコリが落ちても汚れないように、エアコンの下に、いらないタオルやビニールシートを敷いて養生しておきましょう。そして必ずコンセントを抜いてください。

足元がガタついたり、無理な姿勢の作業もケガの原因になるので、脚立や安定する台を用意しておきましょう。

■1:カバーを開ける前に、「エアコン周り」から

エアコンのカバーを開ける前に、エアコンの上や周りのホコリを掃除しましょう。

軽いホコリなら掃除機で吸うだけで充分ですが、汚れがひどい場合は水で薄めた中性洗剤や重層を使い、固く絞った雑巾で拭き掃除をしましょう。

■2:「フィルター」は外側から掃除機をかける

カバーをあけるとフィルターが現れます。

まずはフィルターを外さずに掃除機をかけて、表面のホコリを吸いましょう。外す時にホコリが落ちるのを防いでくれます。

そしてフィルターを外します。無理な力をかけると破損する恐れがあるので、丁寧に取り扱って。外したらホコリのついている外側から掃除機をかけます。逆側からかけてしまうと目詰まりすることも。

掃除機で吸ってもきれいにならない場合は、水洗いできるフィルターであれば、水か薄めた中性洗剤を使ってフィルターを傷めないように丁寧に洗いましょう。

洗ったら必ずしっかりと乾燥させてください。

■3:ルーバー(吹き出し口)は、雑巾を割り箸に巻きつけて

エアコンのルーバー(吹き出し口)は、手でゆっくり回して、すき間から掃除をしましょう。電源が入っていると危ないので、必ずコンセントを抜いてくださいね。

固く絞った雑巾で拭き取ります。雑巾を割り箸や指などに巻きつけると、すき間の掃除がしやすくなります。洗剤を使った場合は、残っているとカビの原因になりますのでしっかり拭き取ってくださいね。


冷却フィンの掃除はエアコン用クリーナーで行えますが、トラブル防止のためにも、取り扱い説明書や注意書きをよく読んでから使用して。

エアコンから悪臭がする場合など、内部の清掃を必要とする場合は業者に頼んだ方が安心です。ホコリが原因でそうなってしまう前に、まずは自分でできるエアコンフィルターの掃除をまめに行いましょうね。

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら