掃除といえば、どうしてもお母さんが中心となってこなしていくというイメージですが、使う道具ややり方次第で、家族を巻き込んで手軽に少ない労力で掃除ができるようになります。

そんな家族みんなで取り組みたい掃除例の一つがブラインドの掃除。ブラインド掃除といえば、一見とても面倒なようですが、実は特別なスキルも道具も不要な、とても取り組みやすい掃除なのです。

そこで今回は、我が家で実践している誰にでもできる簡単なブラインド掃除について紹介します。

■用意するのは軍手だけ!

ブラインド掃除におすすめな身近なものとは、どんな家庭にでも必ずといっていいほどある軍手。

軍手は、幼稚園や小学校のお芋掘りや奉仕活動などでも使うため、筆者の家ではキッズサイズの軍手も3つ常備していますが、年に数回しか使わない軍手を活用しない手はない!

ということで、軍手とともに子供たちもブラインド掃除に参加してもらっています。

軍手を使ったブラインド掃除の仕方は驚くほど簡単。

軍手をはめた手でブラインドの羽をはさんで、手をすべらせるようにして埃を取るだけで、あっという間にきれいになります。

簡単なので3歳の小さな子供でもご覧の通り。立派な掃除の戦力になってくれます。掃除を手伝ってもらえるうえに、子供はお手伝いの達成感も得られるので、一石二鳥な掃除です。

子供たちが届く高さまで羽を拭いていって、筆者は高い位置の羽を拭いていくだけ。

一人でやると時間がかかってしまうブラインド掃除ですが、こうして数名がかりで取り掛かると、大きなサイズのブラインドでも十数分で完了させることができます。

家族みんなで取り組んだので、驚くほど短い時間でキレイなブラインドになりました!

ブラインド掃除の注意点としては、木製ブラインドは水分を苦手とするので、洗剤などの水分をできるだけ使わないということ。

乾いた軍手で埃を拭き取るだけで、ツヤのあるきれいな羽がよみがえるので、ぜひお試しください。

手軽に早く終わらせるためにも、身近な道具を活用して忙しいこの時期を乗り切りましょう!

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら