熊本市男女共同参画センター「はあもにい」は女性を狙った性暴力やDVが増加する傾向にあるとしてチラシを作成し、避難所の人たちへ注意を喚起し始めたようです。

チラシには阪神淡路大震災や東日本大震災での性被害として、避難所でトイレに行こうとしたらトイレまでついてくる、夜になると男が毛布の中に入ってくる、同じ避難所にいる男に猥褻な行為をされるといった例も具体的にあげて、女性がどれだけ狙われているかを説明しているようです。これに対してのコメントを見ると、性暴力をする人を非難する声はあるものの、状況が状況だからしょうがないとか性暴力を受けるほうが悪いんじゃないかといったことをにおわすコメントも見かけられた。

実際に性暴力をされたことのない人が適当に言っているんじゃないかと思うような印象を受けた。実際に性暴力は毎年かなりの数が発生しているのに、届出を出すケースはわずか数パーセントのようですが、届出が少ない理由として、裁判で詳細を説明しないといけないのでそこで嫌な思いをしてしまう、警察に言っても相手にされないときがある、家族や近所へのメンツが気になって言えない、またそういった女性の心理を悪用してさも女性側が悪いように言って口車に乗せてそのまま押し倒してしまうなど、性暴力する側に有利な環境があるということがあげられそうです。

性暴力を受けた側はそのことがかなりのトラウマになります。そのトラウマになるくらいのことが「しょうがない」の一言で済まされそうな雰囲気があるというのは非常に残念だと思います。そういった心無い人の無責任で適当な一言もまた女性を追い詰めている要因の一つになっているのではないでしょうか。

そういった環境があるので、こういった災害が起きたときに性暴力や略奪が起きるので注意してくださいといっても逆に助長を促してしまう可能性すらあるんじゃないかと思います。犯罪を起こす人がいるので注意してくださいというだけではなく、災害に便乗して犯罪を起こそうとする卑劣なケースに対しては発覚した場合、通常の刑罰よりも重いものを適用するとか犯罪を起こした側にもなにかペナルティを負わせるようなことをしないとなかなか減らないんじゃないかと思います。

災害が起きたからなあなあで済まされるかもしれないから犯罪じみたことをするとかそういうんじゃなくて、ダメな事はダメだからしないと自分で自分を律する人がもっと日本で増えてほしいものです。

この記事を書いたユーザー

hagi2016 このユーザーの他の記事を見る

気紛れゆえアップする日記に温度差があると思いますがそれは愛嬌として暖かい目で読んでもらえたら幸いです。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら