携帯電話の声は、自分の声ではない

2016年5月5日(木)奇跡体験!アンビリーバボー 「そうは思わなかった!衝撃新事実が満載★常識大崩壊SP」の中で、『携帯電話の声は自分の声ではない』という衝撃事実が。。

人間の声ではなかった!

では、いったい誰がしゃべっているのか?

実は、携帯電話から聞こえてくるのは、人間の声ではなかったのだ。

合成音

いえいえ、お化けではありません。

携帯電話から聞こえてくる声は、合成音だったんです。

音の見本で声を再生する方式

 普段よく使う携帯電話。 電話で声を送る場合…従来の固定電話では 声の波形を電気の波形に変換し、電線送っている。 しかし、人間の声の波形は非常に複雑でその情報量は莫大なものになってしまう。 有線通信ならまだしもこれを携帯電話の無線通信で行おうとすると…1人1台が当たり前の現代では回線がパンクしてしまうという。
 そこで、考案されたのが「音の見本」で声を再生する方式。 受信する側には見本が何億パターンも用意されているので、送信する側は声の特徴を見本の中から指定するだけでいい これによりデータ量が抑えられ、かつ、本人の声に非常に近い音で会話を届けられるという。 声だけでなく、背後に聞こえる電車やテレビの音など、それらも 音の見本から再生しているという。

出典 http://www.fujitv.co.jp

奇跡体験!アンビリバボー

背後の音まで音の見本で再生されている

背後に聞こえる電車やテレビの音も音の見本から再生されているというのも、驚きの事実でしたね。すごい技術ですね。。というか。。携帯電話から聞こえてくる声が相手の声ではないってのが、本当に驚きでしたけど。。

驚きのツィートが続出

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら