渋滞中のおしっこは、本当に大変!

ゴールデンウイークといえば、高速道路での渋滞です。

渋滞中に困ること 第1位 トイレ!

サービスエリアまでかなりの距離があるのに渋滞してしまった!
何か対策はないのか!!

そんな時に役立つのが、「ツボ」なんです!

渋滞が思わぬところで長引いた!

もうちょっとでサービスエリアというのに、まったく動く気配のない高速道路。
降りるわけにもいきませんが、我慢にも限界があります。

それでも、なるべく我慢したい… 

それは、尿意との壮絶な戦いです。

やばい!と感じたら、アゴの真ん中を押せ!

出典ぽんたす撮影

『ディエンチャン』なるベトナムの民間ツボ押し療法。「アゴの中央」に「尿量を減らすツボ」があるという

出典 http://www.ikyo.jp

我慢に我慢を重ねても辛いときは、ココを押してみてください!
アゴの真ん中にある「くぼみ」がツボなのだそうです!

アゴの真ん中のツボを押すと、
尿意が多少我慢できる
といわれているのです。

ぎゅーっと押すのではなく、ぎゅっぎゅっぎゅと押すといいそうです。(※諸説あり)

おしっこを我慢するときは体を曲げてはいけない!

おしっこを我慢したいときに、お腹を曲げてしまいませんか?

それだと膀胱を圧迫するので良くないといわれています。
より、尿意を感じてしまうわけですね。

できるだけ、お腹を苦しめないようにフリーにしてあげて、体は寝るような体勢にすると尿意がかなり軽減されます。あまりにも膀胱に意識を集中すると、脳からの尿意に対する刺激がビリビリといってしまいますので、なるべく気にしない、考えないようにするというのも、ひとつの手段です。

ただ、我慢するというのは体にとってあまりいいことではありませんので、適度な休憩とサービスエリアでのトイレ休憩はこまめにとりましょう。

この記事を書いたユーザー

Furou Break このユーザーの他の記事を見る

暮らしに役立つ記事を書くWebライターです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら