出典 http://www.kinugasaclinic-japan.com

デリケートゾーンやビキニラインの黒ずみは女性にとって深刻な悩みではないでしょうか。特にデリケートゾーンに関しては黒ずんでいることで「男にだらしない」「遊んでいそう」といった誤解を受けがちです。解消する方法はあるのでしょうか。原因やケア方法をピックアップします。

デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因は?

デリケートゾーンのくすみや黒ずみに関して洗い方は結構大きく関係してきます。
そもそも、デリケートゾーンは皮膚が薄くて、粘膜が露出している部分が大きいです。
一般の皮膚でも薄いと言われる瞼の角質層が8層ありますが、デリケートゾーンは6階層しかないほど薄い皮膚ということを認識してください。
例えば清潔にしようとついつい強く洗ったりなどしてませんか?
デリケートゾーンを強く洗ったりなど、洗い方を間違えるとちょっとした皮膚の炎症からメラニン色素の沈着が起きやすいので、まずはあなたのデリケートゾーンの洗い方を改善しましょう!

デリケートゾーンを強く洗ってしまう人は、「清潔にしよう」という意識が人より強いかたで、デリケートゾーンの臭いに悩んでいる方が多いと思います。

そして、強くこすって洗ってたと思うならデリケートゾーンの洗い方を変えてみるとそれだけで、あなたのデリケートゾーンの黒ずみに効果が期待できると思います。デリケートゾーンはこすれ、摩擦に弱いとうことを意識してください。

出典 http://xn--y8juad1f4db7az4a1dwdm02b4d9ec80016b.com

力の入れ過ぎには要注意ですね。

日常的なデリケートゾーンの摩擦原因である「下着」は、常に肌に触れる場所になりますので、出来るだけ肌に優しい素材の下着を身につけましょう。近頃は、ナイロン製の下着が増えてきましたが、天然素材を使ったコットン素材の下着の方が刺激は少なく、摩擦を軽減させることができます。
特に、下着によってかぶれやかゆみを感じやすい方は、化学繊維の素材が肌に合わない人なので、オーガニックコットン素材を選ぶなど、肌に優しい下着を身につけましょう。また、サイズが合っていない場合には締め付けが強くなり、摩擦が増えますのでサイズが合ったものを選びましょう。
洋服も締め付けが強いデザインのものを選ぶ方は、黒ずみを引き起こしやすくするので、少しでも改善をしたいのなら、ボディラインに余裕のあるデザインでオシャレを楽しむようにしてください。

出典 http://joshi-riki.jp

デザインだけではなくサイズも重要ですね。

・ホルモンバランスの乱れ
ホルモンバランスの乱れもデリケートゾーンの黒ずみを引き起こします。生理不順や冷え性のほか、疲れやすかったりイライラしやすかたりという症状は、ホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。
ホルモンがうまく働かないと、肌のターンオーバーがスムーズに行われなくなります。だから、メラニン色素がうまく排出されずデリケートゾーンの黒ずみになってしまうんです。
・不規則な生活やストレス
デリケートゾーンの黒ずみにつながるターンオーバーの乱れは、不規則な生活リズムや慢性的なストレスが原因で起こることも。 規則正しくヘルシーな生活をすることが、心や身体の健康だけでなくデリケートゾーンの黒ずみの解消にもつながるんです。

出典 https://nicoly.jp

生活習慣の見直しも大切です。

有効なケア方法

・気を付けたいデリケートゾーンの黒ずみに効果的なデイリーケア

まず簡単にできるのが、日々の刺激をできる限り軽減すること。デリケートゾーンは入浴時を除けば、1日中下着や衣類による刺激を受けています。そのため、自分に合った下着のサイズや形状、そして素材の見直しが大切です。サイズがきつく、締め付けの強い形のものでは、強く当たるところが黒ずんできてしまいます。そして、素材も、綿(コットン)や絹(シルク)、吸湿速乾加工を施した繊維が、お肌への刺激が少なく通気性もいいのでおすすめ。形状もビキニラインの黒ずみが気になる場合は、ボクサータイプのショーツがこすれにくいです。

出典 http://www.bibeaute.com

●正しい洗い方とスキンケアを
摩擦やこすれによる黒ずみや、女性ホルモンを原因とする色素沈着であれば、正しいスキンケアで改善に向かう可能性があります。だからといって、美白成分の入った化粧水や美容液をベタベタ塗ったとしても、ムレが起こって肌がかぶれることもあるので要注意。

●医療機関での治療
美容外科や美容皮膚科など、医療機関での治療もひとつの手段です。医療機関では、レーザー治療や薬の処方をしているので、とにかく今すぐ、早く黒ずみを解消したい!という場合には、こちらの方が確実かもしれません。ただし、美容目的の診療に該当するため、保険が利かず高額になることもあります。今日明日などの早急な解消が必要でないのであれば、まずは自宅で手軽にできる、石鹸や洗い方を変えてのスキンケアから始めてみることをおすすめします。

出典 http://delicate-soap.com

【性の悩み】女性器の構造と毎日ケアする方法!

出典 YouTube

デリケートゾーンケア方法の動画です。

ビキニライン・デリケートゾーン黒ずみケア

出典 YouTube

黒ずみ対策グッズの紹介になります。

この記事を書いたユーザー

NAHO このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら