ベルが鳴ってもドアを開けちゃダメ!

大西洋からほど近い、サウスカロライナ州Foxbank Plantationで犬と散歩をしていた男性が撮影した動画が話題になっています。

この動画を撮影する直前、Rogerさんは近所で工事をしていた作業員から、「アリゲーターが徘徊しているから、ここは通らない方が良い」と注意されていました。目をこらしてアリゲーターが居たという方向を見ると、今まさにアリゲーターがフェンスを越えようとしているところでした。

裏庭にはプールがあるので、たぶん水を求めているのだとRogerさんは考えました。しかし、フェンスを上ることができなかったアリゲーターは、思わぬ行動を取ったのです。

裏から表に周って・・・

出典 https://www.youtube.com

高い塀を上るのは諦めて、家の表にのっしのっしと向かっています。

そして次にアリゲーターが取った行動に びっくり!

ピンポ~ン♪

出典 https://www.youtube.com

ドアのベルを鳴らしていますよ!

ピンポ~ン♪ 誰かいませんか?入れて下さ~い。(って言ってるかも)

留守かなぁ?

出典 https://www.youtube.com

よいしょっと。

アリゲーターが訪問していた家のオーナーはこの時留守だったので、実際にドアのベルが鳴っていたかどうかは定かではありません。

ドアには明らかにアリゲーターがひっかいた痕跡が!

出典 https://www.youtube.com

ドアノブの周りやドアには、たくさんのアリゲーターがひっかいた痕跡が残っていました。
この家に住む Jamie Baileyさんは、「このあたりにアリゲーターがいることは知っているけど、まさか自分の家に来ていたなんて信じられないわ。【アリゲーターが横断します!】っていうサインでも立てようかしら!」と笑ってインタビューに答えていました。


アメリカには本当に存在するこんな標識

出典 https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

「アリゲーターが横切ります」

動画を撮影したRogerさん

出典 https://www.youtube.com

「アリゲーターは凶暴な様子は全く見せていなかったよ。間違って入りこんでしまったから、戻る道を探していただけだと思う。けど、できるだけそっと、遠くから撮影しましたよ。アリゲーターが上ることができるかどうか知らないけど、この家の隣家のフェンスによじ登ろうともしていたようです。」と語っていました。

のっしのっしのっし~

出典 https://www.youtube.com

いくら凶暴そうには見えなかったとは言っても、やはり怖いですね。小動物が外に居たら食べられてしまいそうで心配になります。

このアリゲーターが無事水辺に戻れたことを期待します。

Foxbank Plantationはここ

アメリカではアリゲーターが民家の庭に頻繁に出没

民家のプールで水泳中のアリゲーター

出典 YouTube

人間が自然を壊して家を建てて住み始めたから、動物たちが行き場を失い住宅街に出没するようになったと思えば、本当は人間の方が侵入者なのだと思います。

筆者の家の周りにもコヨーテ、ボブキャットが頻繁に出没し、散歩中に目の前を横切ることも珍しくありません。人と動物たちが距離を保って共存していければ、と感じています。

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス