辛く悲しい状況の時ほど思い出して欲しいこと

落ち込んだ心や凹んだ気持ちに希望を与えるあなたの心のアドバイザー
メンタルセラピスト 末廣 真證です。

生きていると、辛いことや悲しいことは必ずあります。
辛いことや悲しいことが起きると「この状況がいつまで続くのだろう…」と気持ちも落ち込んでしまします。しかし、時が経てば辛いことも悲しいことも、必ず薄れて消えてしまいます。

さて、あなたに質問です。
10年前にあなたに起こった、辛いことや悲しいことはどんなことがありましたか?

…どうですか? 覚えていますか?

覚えていたとしても、その時の辛さや悲しみを感じることはできないと思います。
それはあなたの心が、10年前の過去の心と現在の心が違うからです。
少しずつ心は成長し、その辛さや悲しみを受け入れることができたからです。

10年前はもしかして 「もう消えてしまいたい!」「生きているのさえ辛い!」 と八方塞がりになっていたかもしれません。

でも、あなたはその辛さを 乗り越えて今を生きています。

このように10年前どん底だと感じたとしても、ほとんど記憶の片隅に残っているかどうかです。
そして、辛く悲しい経験は自分の心が受け入れた時に初めて宝物になります。
 辛く悲しいことがあったからこそより幸せを感じることができるのです。
これもその辛い時期を経験したからこそ人に優しくなりますし、相手の気持ちも理解することもできます。

今もブログを読んでいる方の中にも辛く悲しい状況の方もいらっしゃるかもしれません。でも、あなたの今の辛く悲しい状況は必ず終わりが来るのです。 

あなたの未来を信じましょう。
きっと大丈夫。

この記事を書いたユーザー

clover leaf 元お坊さんの心理カウンセラー 心の調律師 末廣 真證 このユーザーの他の記事を見る

clover leaf
元お坊さんの心理カウンセラー
心の調律師 末廣 真證です。

得意ジャンル
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス