誰もが一度は利用したこともあると思うが、超有名なアメリカの大手コーヒーショップチェーン店に対して、常識では考えられない程の莫大な金額の賠償訴訟を起こした女性のことが、テレビのニュースや情報番組などで面白半分に伝えられている。

いくらアメリカが訴訟大国とは言っても、およそ常識の範囲の限度というものを知らない

そもそも「店で提供される冷たい飲物の氷が多過ぎる 」などという、常識人だったら絶対に言うはずも無い馬鹿なクレームを、真面目な顔で訴えるようなこと自体 異常なものはないというのに、ましてそのうえ 5億3千万円もの大金を損害賠償として要求し、それを弁護士も裁判所も大真面目に付き合って、社会全体で正式に訴訟として取り上げることすら馬鹿げた行為としか言いようがない。

それに、その訴訟を起こした女性は「 過去10年間にわたる顧客の代表として 」そんな大金を要求しているのだが、万が一勝訴( 絶対にそんなバカげたことはあってはならないと信じているが )した暁には、いったいどうやって過去10年間の顧客を一人一人探し出し、訴訟で勝ち得た大金を平等に分けられるとでも思っているのだろうか?
そのことも果てしなく馬鹿げているが、
まぁ、突拍子もない馬鹿なことをして、ただ目立ちたいだけの異常な精神に基づいた行動であることは、ほぼ間違いないだろう。

そのような悪意の元に思いついた悪知恵を『 もしかしてひょっとしたら、万が一の確率だとしても、上手くいって勝訴できた暁には、自分も有名人になれるし、一攫千金の大儲けが出来るかもしれない 』という異常な悪だくみのもとに、なんでもかんでも訴訟を行うような、非常識なアメリカのモンスター・クレーマーの真似をしてしまうのが、さらに輪を掛けてバカな日本人のモンスタークレーマーどもの存在である。



それにしても、日本人のモラルの無い、我侭放題の自己中モンスターどもが増えたもっとも大きな原因は、
現在の日本の企業やサービスを提供する側の人間が、すべて金儲けの目的のために
顧客に対する過剰な おもてなしの態度を示すために起こってしまったのも、このような企業姿勢が大いに関係しているし、こんなモンスターどもがのさばって生息している現代日本の社会は、まさに資本主義社会の負の連鎖であると断言できる。

『 お客様は神様です 』なんていう誤った風潮が、ますます顧客になる側の人間の心を
増長して、どんどん客を我侭にしてしまっていることに、いいかげん気が付いてはどうなのか。
学校の教師が、子供に怒ることをしない。
たとえ子供が悪いことをしても、教師が叱らないから子供はいい気になって、『 何をしても自由なんだ 』と図に乗ってしまう。
チョづいてる悪いガキ共を、熱血教師が叱ったり、体罰したりすると今度は父兄たちが自分の子供大切さに、つけあがって我侭で無理難題なことを教師や学校に要求してくる。

そもそもこれが、モンスター・ペアレントを生んだ大きな原因である。

企業の『 お客様相談受付窓口電話 』や、お店の店員に対して無理難題な意見や、理不尽な要求をして来るモンスターどもがつけあがるのは、不当な要求をするモンスター顧客に企業やお店の従業員側が、過剰なモンスターの間違った認識を指摘しなかったり、客に遠慮して正しいことを主張しないために、ただでさえわがままな客が、益々自分勝手になって増長するのだ。

タクシーに乗って運転手に無理難題な要求をしてくるのも、いい気になって威張り散らしたり、挙句の果てには暴力をふるったり、脅迫したり暴言を吐くのも、ついにはタクシーの売上金強盗が起きるのも、電車やバスの運転手や駅員達に暴言を吐いたり、暴力をふるうのも、緊急の怪我や病気でもないのに119番の救急車を平気でタクシー代わりに使って呆れる社会問題になるのも、全て今の日本の『 お客様は大切な神様 』という顧客を過剰に大切に扱い過ぎる文化の負の賜物である。

『 お客様、お客様 』と手もみしながら チヤホヤして、サービスを提供する側が 正しいことを正しく主張しないから、客が意図的に悪意を持ってクレームをつけてみたり 悪いことをしても、誤った行動を店側が叱ったりしないから、だから自分がちやほやされる客側の立場になると、図に乗って偉そうに威張り散らしたりするのである。

サービスを提供する側も客側の人間も、お互いごく普通の人間どうしだし、客に理不尽な要求をされたり、客がいい気になって チョづいて威張られたりすればストレスも溜まるし、怒りたくもなるだろう。
企業が顧客を大切にしておもてなしするのも、店員がサービスしてくれるのも『 売上を上げる為 』の行為だし、客をチヤホヤしてつけ上がらせるためにしてるわけじゃない。

あくまでも対等な人と人との役割分担をしているという前提を忘れずに『 お客様は決して神様でなんかありません 』という認識を持って、ごく普通に対面すればいいのである。

だからそろそろ、過剰なサービス・過度のおもてなしなんて、いいかげんにやめませんか?


この記事を書いたユーザー

Dark Bitter Limoncello このユーザーの他の記事を見る

旅行や美味しいもの、カラフルなもの、いい香りの物の話題が大好きです。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • インターネット
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • テレビ
  • エンタメ
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら