子供の頃からずっと体が弱くて、疲れやすい体質の上に、風邪をひきやすくて小学校も長期間休んだり、給食のおかずを食べきれなくて、放課後の教室の掃除の時間まで、散々ホコリが被った不潔で冷え切ってしまった給食の残りを、全て残さずに食べ終わるまで監禁され、掃除当番の女子達に見張られていじめられていたことは、以前にも書いたが、そんな体質は中々回復しないまま 未だに疲れやすく、様々な病院などで何度もCTスキャンとかMRI検査とか、心電図を測る機械を1日中身体につけて測定してみたり、過去から色んな検査をしたが、一向に原因も分からないまま現在に至っている。

まむしの粉やスッポンの生き血、高麗ニンジンやローヤルゼリーにコエンザイム、スピルリナとかノニやマカなど、ありとあらゆる スタミナの付くというサプリや、様々な滋養効果の有る食べ物があると聞けば、機会があればすぐに試したり、スタミナドリンクや栄養剤も毎日飲み続けているが、その効果もあまり目立つような力を発揮していないようでとても残念な結果に終わっている。

以前にも、イミダゾールジペプチドという抗酸化作用のある栄養分が、鶏肉のなかでも胸肉に多く含まれているという情報は知っていたし、鶏の胸肉を 1日100グラムづつ食べると元気な体質に改善されることを期待して、試したこともあったが、やはり目に見えるような効果はあまり無かったように感じる。

今日もまた、ある番組の中で、そのイミダゾールジペプチドの抗酸化作用と、鶏の胸肉のことを紹介しているのを観たが「 もうそれは既に試したけど、残念ながらあんまり効果は期待できないよ 」と思いながら観ていたのである。

もちろん、本当にそんなに元気な体になれるなら、毎日でも食べ続けたい気持ちはあるが、どうしても胸肉は水分が少ないので、パサパサした食感で食べ飽きてしまうし、やっぱり胸肉よりは もも肉や手羽先・手羽元の方がずっと美味しく感じてしまう。
いくら健康で元気になれるからと言って、毎日毎日、美味しくないものをずっと継続して食べ続けるのも、ある種のストレスを感じて、逆効果になってしまうのではないだろうか?
健康で元気な体になるための努力が、美味しくなかったり無理に続けてストレスが溜まってしまったのでは、本末転倒どころの話ではなく、むしろ逆効果になってしまう。
なによりも、体調の良し悪しを左右するのは ストレスが一番の大敵だから、日々極力ストレスを溜めこまないことと、イライラせずに日常を送ることが重要なのだが、今の世の中はそれをスムーズに行うのは、ほぼ無理な話だろう。

そうなると、もはや人里離れた無人島や山奥に住んで、自然を相手に、他人と関わらずにひっそりと仙人のような暮らしをするしかないと考えたが、大自然に生息する大量の蚊や吸血生物、毒虫や危険な動物に負けずに生き残るには、そもそもスタミナに満ち溢れた体でなければ無理だったと気が付いて、もっといい方法や効目が絶大な魔法のサプリはないものかと、今夜も半ば諦め気味の疲れる夜のひと時であった。

ハァ・・・こんなこと考えてたら、益々疲れてしまった。

あ~ぁもう、しかたないから、もう寝ようっと。


この記事を書いたユーザー

Dark Bitter Limoncello このユーザーの他の記事を見る

旅行や美味しいもの、カラフルなもの、いい香りの物の話題が大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 暮らし
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら