髪の傷みを修復してくれるトリートメント

Licensed by gettyimages ®

髪の傷みが気になると皆さん自分でトリートメントをされると思います。
もちろんトリートメントをした後は効果を感じる事と思いますが、実は本当の効果の半分程しか実力を出せていない事がほとんどです。


どうせやるなら100%の力を発揮させてみたくないですか?

トリートメントの100%の効果を発揮させるためにやるべき事を

1:水分を軽く絞ってからつけましょう

Licensed by gettyimages ®

ボタボタと水が滴り落ちるような状況でトリートメントをつけると成分が水で薄まってしまったり、髪で留まる事ができずに流れていってしまうといった事になってしまいます。

タオルで拭いたりする必要は無いですが、滴り落ち無い程度には水を切るようにしましょう。

2:量は気持ち多めにつけましょう

Licensed by gettyimages ®

水分を含んだ髪につけるのとどうしても薄くなってしまうので、トリートメントの必要量が全体に行き渡るように少し多めに使うのがオススメです。

3:コーミングをしましょう(1番大事)

Licensed by gettyimages ®

全体になじませたら全体にコーミングをしましょう。

髪は濡れていると束になってしまいます。この上からトリートメントをつけても中まで浸透しずらくなってしまいます。

なのでコーミングをする事で束を細かく分けながらトリートメントを隅々まで行き渡らせる事ができます。

ただしあまり激しくコーミングしすぎると逆に傷ませてしまう事もあるので、優しく数回程度がオススメです。

製造元オススメの放置時間で

Licensed by gettyimages ®

トリートメントをしっかりとやりたい時ってどうしてもしっかりと時間を置きたくなってしまいますが、一概にそれが良いとは限りません。


トリートメントの種類によっては時間のかからないものも多く存在しますが、それは時間をおいても意味が無いものだからです。


製造元だって1番効果を感じて欲しいのだから1番効果が出る時間ぐらい調べています。
なので説明に書いてある時間を目安にするのが効果がでる最短時間だと考えていただければいいのではと思います。

まとめ

Licensed by gettyimages ®

髪は10万本あると言われています。

その一本一本にトリートメントを必要量を届けるってそんな簡単な事ではありません。

面倒な工程もあるとは思いますがちょっと頑張ってみるだけでしっかり効果が出てきます。

紫外線のキツくなるこれからには是非覚えておいて欲しい事柄の1つです。

この記事を書いたユーザー

足立孝史 このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら