緑茶は茶葉に栄養が多かった!

お食事の最中やちょっとのどを潤すとき、緑茶を飲んでいますか?
様々な緑茶が注目されていますが、その中でも最も注目度が高い「緑茶の栄養」は話題となっています。ですが、緑茶を飲むことはしても、茶葉を食べるということはあまりしませんよね?

そんな緑茶の使い方ですが、実はとても「もったいない飲み方」だったのです!

緑茶の効能はこんな感じなのだけれど…

緑茶には、ビタミンA、C、E、B群をはじめ、ミネラル、βカロチン、食物繊維、不溶性のたんぱく質などなど、栄養素が豊富に含まれてます。ほかにもカテキン、カフェイン、フッ素、亜鉛、アミノ酸などなど、栄養成分がいっぱい♪

こんなに栄養たっぷりのお茶。

出典 http://www.tea-charm.com

何気なく飲んでいる緑茶ですが、非常に栄養価が高く、近年とても注目を集めています。その効能は、生活習慣病の予防などから様々な効果が期待されているほどです。

ただ、ひとつだけ問題があったのです。

捨てている茶葉に多くの栄養が残っていた

しかし!残念なことに普通にお茶を飲んだだけだと、その成分の約25%しか摂取できません(T-T)脂溶性であるビタミンA、Eにいたっては、まったく摂取することができないんです。そしてなんと、お茶の成分の約75%はお茶殻となって、ポイっ!

出典 http://www.tea-charm.com

なんと!緑茶の茶葉に含まれる栄養は非常に優秀ですが、ほとんどを茶殻に栄養分が残ってしまっているため、結果として栄養は捨ててしまっていることが多いのだそうです!

もったいない!

茶葉を食べるのは中々難しい!

出がらしのレシピというのは色々ありますが、わざわざ出がらしを調理するという手間が面倒で結局捨ててしまうということはありませんか?

お茶を沢山いただく場合は、より茶葉をどんどん捨ててしまうので、取っておいたとしてもすぐ腐ったりしますし、再利用というのはハードルが高いのです。

そんな時は、お茶プレッソで!

こんな「もったいない出がらし」問題を解決するのが、お茶プレッソです!
右側にある筒状のものが「臼」で、普段飲んでいるお茶の葉を挽いて粉にします。いわゆる粉茶になるのです。

その粉茶を既定の分量測り、左のポット部分に投入。
後ろにある給水タンクから水を自動的にポットに入れ、お茶を点ててくれるシステムです。実際に飲んでみたところ、ほぼほぼ「お抹茶」という感じです。

粉っぽさというのは、沈殿してしまうので最後の方は出てきますが、基本的に適量を入れていればしっかりと溶けておいしいです。茶殻もでませんので、しっかりお茶の栄養を吸収できます。

ホットミルクをポットに入れるとラテが簡単にできますので、とてもおいしいです。
新茶も出る季節ですので、母の日のプレゼントとしても注目を集めています。

下記リンクには実際に使用してみた動画も配信中です♡
ぜひ、ご覧くださいませ!

この記事を書いたユーザー

Furou Break このユーザーの他の記事を見る

暮らしに役立つ記事を書くWebライターです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら