髪を切る場所だけど・・・

Licensed by gettyimages ®

髪を重めにしておきたい人も多いですが、髪を切りたがる美容師さんもまた多い様に感じます。
重めにしておきますねと言いながらザクザクと量をすく美容師さん、そして何も言えないお客さんなんて事もあるかもしれませんね

そんな後に起こる悲劇をご紹介しましょう。

パサつきがひどくなる

Licensed by gettyimages ®

パサつきは量をすいた時にできる短い毛が傷みやクセによってできるまとまりの悪い毛が多くなる事でひどくなっていきます。

量をすくという事はパサつくと言う副作用を持った技術なんです。

まとまりが悪くなる

Licensed by gettyimages ®

当然ですが量をすくと、まとめた時に届かない短い毛も出てくるのでその分まとまりが悪く落ちてきやすくなってしまいます

ヘアスタイルの持ちが悪い

Licensed by gettyimages ®

量をすいた時はその長さやそのシルエットに合わせて切っているので問題がない場合も多いですが、問題は伸びてきた時にあるんです。

多くの量をすいている場合伸びてきたすいていないところとのバランスが非常に悪くなりやすいからです。


特にトップは重くなりやすく、毛先はカスカスなんて事になりやすくなってきます。

もう量は適度にすくものです

Licensed by gettyimages ®

髪がもともと多いと感じている方は軽くしたいと毛量をいっぱいすきがちですが、髪型で大事なのはバランスです。
毛量が多い方は多い方なりのすき方をしてあげないとバランスを壊してしまうので気をつけてくださいね。

この記事を書いたユーザー

足立孝史 このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら