夏は、プールが気持ちいい季節です。レジャーとしてだけでなく、フィットネスクラブでプールに入る方もいるかもしれませんね。

今回ご紹介したいのは、「シンクロアクアダンス」という世界です。
フィットネスなどで行われるアクアダンスの進化系ともいえるプログラム。

私自身は、去年からその世界に入り、すっかりハマってしまいました。
そんな「シンクロアクアダンス」ですが、4月から7月の間、9回の連続レッスンが開催され、7/18の海の日には、集大成としての発表会が行われたのです。
今回は、「シンクロアクアダンス」の楽しさや魅力を感じていただきたいと思い、そのレッスン風景をご紹介していきます。

この記事は「やってみた編」なので、私が実際に参加したチームの練習風景から紹介していきますね。

シンクロアクアダンスとは?発表会もある!

シンクロアクアダンスは通常行っているアクアダンスの動作(ロッキング・シザース・ツイストなど)にフォーメーション要素やシンクロナイズドスイミング要素(手の振り付けやカノン動作)を取り入れる事で、いつもとは違ったアクアダンスを楽しむ事が出来るアクアフィットネスプログラムです。

出典 http://team-agua.com

シンクロアクアダンスとは、「潜らない・泳がない・顔を水に付けない」シンクロ。音楽に合わせて水の中で、全員で振りを合わせながらダンスするというもの。
安全で、年齢を問わず楽しめるプログラムなのです!

今回、4月から開催されたシンクロアクアダンスのレッスンは、7月18日の海の日に発表会があり、それに向けて各チームが、4〜7月にかけて全9回の練習で2曲仕上げ、発表会当日に披露する、というもの。
今年は4チームがエントリーしました。

出典Tipness撮影

今回の「課題曲」こと、1曲目はこんな曲

出典 YouTube

2曲のうち、1曲は全チーム共通。今回の全チーム共通曲は、One Republicの「I Lived (RED) Remix」。一回聴いてみた印象は、重めの曲。リズムが取りにくそう、という声も実はありましたが、サビが「I did it all.」=全てやりきった、という深いメッセージ性のある曲だったのでした。

チーム「アクアマーメイド」は8名

私の参加するチーム「アクアマーメイド」のメンバーは、今回は8名。初めて挑戦するメンバーが2名います。
前年度のシンクロアクアダンスの発表会に出たメンバー6名は、春から始まるシンクロアクアダンスのレッスンと発表会を待ち望んでいました。
前回より参加できる人数が減ってしまったため、新しいメンバーを探して、普段のアクアダンスのレッスンに出ている人達に声をかけましたが、なかなかうまくメンバーが集まらず。そんな時に、「シンクロアクアダンスのレッスンを見にきた」という2人組に声をかけて、見事メンバーに取り込む?ことに成功!アクアダンス自体が初めて、という2人でしたが…。

全9回の練習中、まずは2回目=序盤の様子は…

出典Tipness撮影

いよいよレッスンスタート!全9回の練習のうち、まずは序盤、2回目の練習時の様子です。1回のレッスンは60分間。今期は、発表会までに、60分×9回=540分を費やすシンクロアクアダンスのレッスンです!

ここからの画像は、記事をどんどん下にスクロールして見ていただくと、練習中の動きが、パラパラマンガのように見えてわかるのでオススメです。

出典Tipness撮影

アクアダンスのレッスン経験者なら、「右からバックキック」と言われてもピンと来るのですが、初めての参加メンバーだと、右の脚を蹴るのか?右の脚をついた状態で、左脚で蹴るのか?が混乱するようで、他のメンバーがフォローしていく光景も。

出典Tipness撮影

まずは一連の振りを曲の流れに合わせて、覚えるところから。

出典Tipness撮影

普段のアクアダンスではまずやらない、こんな風に手を合わせたり、腕を組む動きもあります。自然とアイコンタクトが多くなり、メンバー同士の距離が近くなるような感覚になれます。

出典Tipness撮影

初めての2人にレクチャーするメンバーも、実は去年参加時にはあまりアクアダンスをやったことがない人。お互いにフォローし合うことで、この中のだれが初心者なのかわからないほどに。

出典Tipness撮影

カウントに合わせて、順番にポーズをとっていく「カノン」も取り入れられています。一人一人がカウントをとり、自分の順を把握するのがまずは大事です。

出典Tipness撮影

まだ、全練習9回のうち2回目だったので、自然と笑いながら練習する余裕が。和気あいあいとして冗談も言い合える。そこそこ動きも合ってるし…と今は楽しいな〜〜という気持ちばかり!

出典Tipness撮影

まだ、先生も手の振りを目の前で教えてくれています。

出典Tipness撮影

曲を口ずさみながら楽しんで取り組む人も。これはサビを歌っているのかも?

出典Tipness撮影

出典Tipness撮影

出典Tipness撮影

そして、シンクロアクアダンスでは、曲のラストはだいたい円になり、共に踊るメンバー全員と向き合い、気持ちを一つにできるポジションで終了、というパターンが多いんです。こんな風に。

出典Tipness撮影

レッスンの最後15分は、とにかく繰り返し1曲通す!

出典Tipness撮影

パートごとにわけて練習し、覚えた後は、それを繋げて1曲を通しで練習します。1曲の振りを3回の練習で完成させるので、この2回目ではまだ最後まではたどり着かず。

出典Tipness撮影

円になって、8カウントごとに順番に手のひらを合わせて上げる→開いて下げるなどのカノン(数人が1つのステップを数拍ずつずらしながら踊ること)の動き。

出典Tipness撮影

左手を同じく8カウントで順に上げていきます。

出典Tipness撮影

ひとまず、1曲目をそつなくこなして2回目の練習60分間は、笑顔で終了できました…。「まだまだ最初だしこんなもんでしょ」的なノリですが、これが終盤にいくにつれてどうなっていくのでしょうか?

それから2ヶ月…個性的なダンスの2曲目は?

出典Tipness撮影

次回は8月3日「見に行った前編」を公開です!

次回は、「見に行った前編」を公開します。その後、こちらの「やってみた後編」もアップされます。各チームの個性が現れてくる?2曲目のダンスの様子を中心にご紹介!発表会をかなり意識し始めて、真剣な表情になってきた7回目の練習風景と、参加メンバーのインタビューをご紹介します!

【Special Thanks ご協力いただいた方々のご紹介】

今回、シンクロアクアダンスのレッスンを実施したフィットネスクラブ様と、シンクロアクアダンスを普及・指導しているインストラクターの方々をご紹介いたします。

出典 https://www.facebook.com

シンクロアクアダンスの普及・指導をされている「Team Agua」のインストラクターの皆さんです。現在、シンクロアクアダンスを指導されているのは中央・露久保俊彦さん、右・石井里香さんです。シンクロアクアダンスのレッスン内容については「Team Agua」の方にお問い合わせください。

そして…我がチーム「アクアマーメイド」の皆さん!

出典Tipness撮影

この記事作成に賛同していただき、本当にありがとうございました!

シンクロアクアダンスの練習風景を、今回初めてご紹介してきましたがいかがでしたか?すでにシンクロアクアダンスという名前だけは知っていたという方だけでなく、初めてシンクロアクアダンスを知ったという方もいるかと思いますが、今回の連載で、少しでも魅力が伝われば嬉しいです。

この記事を書いたユーザー

yummiest このユーザーの他の記事を見る

最新グルメ、アクアエクササイズ・プチプラファッション・ホロスコープなどを日々調査してます。転職サイトや、編プロ、電子書籍ストアの編集・ライター経験あり。ユニークな活動を行う団体や個人の発掘、支援ができるライターを目指しています。

権利侵害申告はこちら