FW

緊急出動型雇用を推進する就労ユニット【The Fire Works】とは?

例えば、美味しいコーヒーを淹れること

これ一つ取ってみても

「悪いんだけれども、今淹れてくれる?」

と頼まれてすぐにできるか?

直前までどんな作業をしていても、それを放り出してでも
頼まれたことに全力で従事できる、

これがFire Worksの理念です。

一方、この働き方の弊害について

常にTo Doリストとかに関係なく、

直前に言われたことが、マイ優先順位の筆頭に来るので

正直、そのもう一個前に言われてたタスクとか、途中でやめちゃって
結構、放置しちゃったりするんですよね

だからFire Worksで大事なのは上司のリマインド力なんです。

実は、ボクそういうの得意

根っからの現場主義で、机に向かうのが苦手な文ですね・・・

現場を歩き回って、ちょこちょこ見回るのが好きなタイプ。

3つの役割

・現場のFire Manたち
・彼らに指示を出すリーダーたちa
・火事の状況を把握するマネージャーたち

サッカーに置き換えるならば

・現場のFire Manたち → 選手(プレイヤー)
・彼らに指示を出すリーダーたち → コーチ(マネジャー)
・火事の状況を把握するマネージャーたち → 監督(ディレクター)

不意な来客に対し、どこまで自分の作業を中断してお茶出しに徹せるか

これはインテンシティ!!

サッカー用語でいう(強度の切り替え)という意味です。

近く、ブランドサイトが出来上がる

ついでに、今そこのサイト立ち上げに関われる技師を募集中とのこと。

巷のSIなどで給料はいいけど疲れ切ってやりたいことが何にもできない、と感じている人は、すぐにGOGO!

キーワードは・・・サッカーが好きなこと!

曰く、仕事についてはサッカーに照らし合わせて、だとか

めちゃくちゃ自由度が高いユニットだそうです。ちなみに私はそこのオーナーですが(笑

社内に天然芝を生やすことが仕事の人がいたり、各自のロッカールームを用意させるとか。まさに背番号のように役割を与え、各自がやりたいことを追求する手助けをする、とか

ただし、主業務は、Fire Worksなので、仕事を中断されても嫌な顔せず他人のために動ける人がいいらしい。

Fire Worksとは?

本来は花火の意味だが、イメージで使っているらしい(消防士はFire Man)

消防士のように現場に駆けつけて、消火作業のように緊急的に事態の対処をする。

そして、社内には管制塔のような、どこでいつ火事が起きているか把握するシステムがあり、そこで緊急的に対応班を派遣しているとか。

主な任務例としては

・上司との雑談
・足りないお弁当を買ってくる

キャリアがない!専門技がない!でも気持ちはある

またはでも走れます

という人がいい。

この記事を書いたユーザー

だから田中不肖丸 このユーザーの他の記事を見る

餃子ライス田中丸。ネタはあるけど切れる包丁を持たなかったら意味がない。ネタも活かしてこそ職人だと思います。さて、今宵繰り広げるネットというまな板の上での死闘を、刮目して読みやがれェ!!以上

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • キャリア
  • スポーツ
  • ライフハック
  • インターネット
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら