ゴールデンウィーク突入!行くところ決めましたか?

まだの人は淡路島はいかがですか?
淡路島と言えば、4月25日に文化庁から日本遺産に認定され話題になりました。
日本遺産とは何か?文化庁のホームページにお邪魔してみましょう。

「日本遺産(Japan Heritage)」は,地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として文化庁が認定するものです。
 ストーリーを語る上で欠かせない魅力溢れる有形や無形の様々な文化財群を,地域が主体となって総合的に整備・活用し,国内だけでなく海外へも戦略的に発信していくことにより,地域の活性化を図ることを目的としています。

出典 http://www.bunka.go.jp

出典:文化庁ホームページより

この地域の歴史的魅力や特色を通じてわが国の文化・伝統を語るストーリーを認定するというところが独特ですね。

では、淡路島のどの様な歴史的ストーリーが評価されたのか?地元紙である神戸新聞が詳しく書いてくれています。

淡路島3市が申請していたストーリーは、日本最古の歴史書「古事記」に記載がある天地創造の神話中、最初に誕生する「特別な島」が淡路島だと紹介している。 背景には、古代国家を支えた「海人」と呼ばれる海の民の存在があったと強調。昨年4月に南あわじ市で集中出土した弥生時代の「松帆銅鐸(まつほどうたく)」や、国生み神話ゆかりの伊弉諾(いざなぎ)神宮(淡路市)、淡路人形浄瑠璃(南あわじ市)など多彩な文化財31点を交えて構成した。

出典 https://www.kobe-np.co.jp

出典:神戸新聞NEXTより

う~ん。歴史好きには堪らないのでしょうが、私は少々とっつきにくい^^;
でもこの認定、個人的にとても嬉しいです。と言うのも私の父方の郷里が淡路なのです。
だから、子供の頃から何回も淡路には行っていました。
仮にこの認定がなくてもとっても良いところで、遊びに行くのにおすすめなのです。

淡路島は兵庫県に属している、瀬戸内海で最大の島です。交通の便も良いですし、海あり山あり(山は低いけど^^;)観光施設も多く、また海産物や淡路牛などのグルメも楽しめます。

なんと言っても、明石海峡大橋を見てほしい!

明石海峡大橋は、海にかかるつり橋では世界最長の橋です。それはもう見ごたえありますよ。
近くで見ると「俺って、人間て小さいな~なんてね^^」

淡路に行くときのJRの最寄駅は舞子です。その舞子の駅からすごいコンクリートの塊が見える、もうデカイ!これ実は明石海峡大橋の橋げたですけど、圧巻ですよ。

明石海峡大橋には遊歩道と展望台もあります。一般の方も登頂まで登る事が出来て、なんと海面から登頂までの高さは300m!これって東京タワーに少し届かない位のレベルで、しかも下は海!!楽しんで頂けると思います。

夜のライトアップも最高!デートに最適!盛り上がります^^

ここは天国か?あわじ花さじき!

次は花の楽園、あわじ花さじきをご案内しましょう。ここもデートに最高!たとえ喧嘩しててもすぐ仲直り出来ると思いますよ。何故かって?これだけの花に囲まれたら、あなたもわかります^^


お子様の情操教育にも効き目あり!おすすめです!なにせ美しい。

あわじ花さじきとは?「あわじ花さじき」は花の島にふさわしい花の名所として、兵庫県が平成10年4月から設置しています。淡路島北部丘陵地域の頂上部、標高298~235mの海に向かってなだらかに広がる高原に一面の花畑が広がります。(面積約15ha)明石海峡・大阪湾を背景に花の大パノラマが展開し、季節により変わる愛らしい花々が夢の世界に誘います。 眼下に広がる花のジュウタンを楽しめる、極上の見物席として、『あわじ花さじき』と命名されました。さじき席ですので、自由に散策して自分の席を見つけてください。

出典 http://www.hyogo-park.or.jp

出典:あわじ花さじきホームページより

出典 http://www.hyogo-park.or.jp

出典:あわじ花さじきホームページより

展望台もありますし、売店では淡路の地野菜を買えます。
いろいろ楽しめますよ!

出典 http://www.hyogo-park.or.jp

出典:あわじ花さじきホームページより

住所:兵庫県淡路市楠本字上山2865-4
営業時間:9:00~17:00・定休日:年末年始・電話番号:0799-74-6426
料金:入園料 無料

コアラを見に行こう!!

次はお子様、大喜び!イングランドの丘をご案内しましょう。

出典 http://www.england-hill.com

淡路ファームパークイングランドの丘ホームページより

小さな動物園にテーマパークをくっつけたみたいな^^

動物×お花×食べる×収穫体験などなど


日本では珍しく、コアラが見れる・お花畑はツツジが咲き誇り・地場の食材を使ったランチや手ぶらで楽しめるバーべキュー・収穫体験は今、たまねぎやっています。

出典 http://www.england-hill.com

出典:淡路ファームパークイングランドの丘ホームページより

住所:兵庫県南あわじ市八木養宜上1402
電話番号:0799-43-2626・料金:子供 400円 4歳~小学生    
大人 800円 中学生以上/団体・障害者割引あり・駐車場:有

最後は鳴門のうずしおで!

最後はって書きましたが、本当はまだまだ観光スポット有り!でもきりがない(汗)
また、機会を見て続編書きますね。
でも、この鳴門のうずしおは外せない!

とくに春と秋の大潮のときにできるうずしおは世界一の大きさと言われています。
福良港から船で行くか、伊毘港から船で行くかです。
各港の公式サイト載せておきますね。
福良港⇒http://www.uzu-shio.com/ 伊毘港⇒http://www.webty.net/helios/

旅の楽しみはなんと言ってもご当地グルメ!

有名なのは、淡路のたまねぎ!あまくて最高。まぁ、淡路は何食べても美味しいです。
私、どこで食べてもハズレた事がない。でも、やっぱり押さえておきたいのは、淡路牛と魚ですね^^

ゴールデンウィークは、ちょっと無理かもしれませんが、私が淡路に行くときは旅館などは予約せず、民宿に飛び込みです。

小さな個人経営の民宿でも食事はハズレません。なにせ素材が美味しいですから。
淡路の向かい、明石は魚の棚の昼網が有名ですが、同じレベルの魚が淡路の昼網でとれます。淡路グルメではありませんが、大鳴門橋を渡り、香川まで行って讃岐うどんを食べるとかもありですね。

もうひとつのおすすめ!サイクリング!

淡路を自転車で回ると最高に気持ちいいですよ。
実は淡路はスポーツバイクを楽しむ人にも大変好かれています。走りやすいです。

自転車につり道具をのせて、先々で竿をたれる…つり好きにはたまりません!
ゴールデンウィークは、ちょっと早いかもしれませんがキャンプも盛んです。

あーやりたい事いっぱい!!一回では楽しみ切れません淡路は!!

交通案内

東京からだと、新幹線で新神戸駅下車→高速バス→淡路

大阪から車なら阪神高速→垂水JCT→明石海峡大橋→淡路


※神戸からなら一時間かかりませんが、GWはちょっと読めませんね^^;

GWは淡路で決まりですね^^

                     byおしょぶ~

この記事を書いたユーザー

おしょぶ~ このユーザーの他の記事を見る

現在、親の介護専業中です。母が施設に入り、かなり落ち着いてきました。父の事があるので、全面社会復帰とはいきませんが、すこしづつ社会と関わって行きたいと最近考えています。経験を生かして、介護情報ブログ書いています。http://masaru-masaru-3889.hatenablog.com
若い方にはつまらないブログかも?ご両親に紹介だけでもお願いします^^役立ちます。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら