・歩きスマホをしたことがありますか。

Licensed by gettyimages ®

アナタは歩きスマホをしたことがありますか?
公共の場などで歩きながらスマートフォンを使用したり操作をする行為を「歩きスマホ」や「ながらスマホ」と言います。スマホに集中してしまうことから周りに対して注意散漫になるという理由で、歩きスマホは危険とされていますよね。歩きスマホは控えるべき行為たということは皆様もご存知だと思います。

・ついつい歩きスマホをしてしまう

NTTドコモの調査では、99%が「歩きスマホは危険」と感じながら、73%が「歩きスマホの経験がある」と回答し、歩きスマホ経験者の66%が「人にぶつかったことがある」、3.6%が「線路に転落したことがある」、18%が「転んだことがある」と答えた。

出典 https://ja.wikipedia.org

しかし実際は7割以上の人が歩きスマホがあるという調査結果が出ていたりもします。スマホをチェックしたいその衝動に駆られてついつい歩きながら画面を見てしまう人も多いのではないでしょうか。

・そんな歩きスマホを止めた方がいいというある注意喚起がユニークだった

Licensed by gettyimages ®

そんな中、ある歩きスマホに関する注意喚起がユニークで面白いと話題になっています。歩きスマホを止めた方がいい理由、それは…

・「二宮金次郎になっちゃうよ」

Licensed by gettyimages ®

ええ?どういうことなのでしょうか。

・歩き読書していた二宮金次郎ってやつが石にされた

あああ!そういうことか。確かに二宮金次郎は歩きスマホならぬ歩き読書をしていました。だから石にされちゃった!?このユニークな注意喚起が人々の心をつかみ、ツイート主の「死に急ぎ豆腐野郎 ‎@mqrusu」さんには1万6千以上のリツイートが寄せられました。

・おもしろい!

勉強熱心な子の象徴として二宮金次郎があげられますが、「歩き読書」をしていたとは…!現代なら確実に怒られちゃいますよ!歩きながら読書していたから石にされちゃったのではという面白い発想に笑っちゃいますね。

・石になりたくない

Licensed by gettyimages ®

そして次に頭によぎるのは、やっぱり歩きながら別のことに集中するのは控えた方がよさそうということです。この話を聞いて、改めて歩きスマホを止めようと思う方が続々と現れました。

・前方を見ていなかったのでメデューサにぶつかったのでは

前方を見ていなかったからメデューサがせまってきているのに気づかなかったのでは、と想像する方がいらっしゃいました。やはり歩きながら何かをするのは控えた方がよさそうです。

・排尿中に石にされた小便小僧もいる

あぁ…やっぱり公共の場で迷惑をかけたら石にされてしまうのかも。と思ってしまいますね。

・昔は「歩き読書」する子は褒められた?

昔は歩いている時までも勉強する姿が素晴らしいと褒められたのかもしれませんが、現代では歩きながら何かをしていたら注意されてしまいます。時代の流れを感じるお話でもありますね。

・歩きスマホの危険性

Licensed by gettyimages ®

少しユニークに歩きスマホを控えるように注意してくださりましたが、実際に歩きスマホは危険な行為です。どこまで危険行為なのかを少し確認してみましょう。

この「歩きスマホ」は、操作している本人は周りが見えにくくなるため(視野は通常歩行時の約1/20で、対象物を認知できるのは1.5mまで接近した時点)、周辺の歩行者に接触する事がある。悪質な場合は自転車・バイクなどとの接触事故が発生し、けが人が発生するといったトラブルが起こっている。

歩きスマホが危険であることは科学的にも立証されている。また接触がなくとも、周辺を歩く人の流れに乗れないため、周りの通行人が回避する必要が生じるなど、交通の流れを妨げるためマナー違反とされている。

出典 https://ja.wikipedia.org

周りの人に迷惑をかけるだけでなく実際に事故にまで繋がってしまうほどの行為だということを頭に入れておくべきですね。

・死亡事故も出ている

主な事例

2013年5月27日16時20分頃 - 中央本線四ツ谷駅のホームで、小学5年生の男児(10歳)が歩きながら携帯電話を触っていたところ、線路に転落し口などを負傷して病院に搬送され、八王子発東京行き快速列車が緊急停止し、約2万3千人に影響が出た。

6月 - 大阪市営地下鉄御堂筋線長居駅のホームで、49歳の女性が携帯電話使用中に線路に転落し、頭から出血。

10月16日20時10分頃 - 東武東上本線大山駅付近の踏切に、携帯電話を見ながら歩いていた男性が、遮断機が下りていることに気付かずに進入し、小川町発池袋行き急行列車に跳ねられ、全身を強く打って死亡した。

10月 - 大阪市営地下鉄御堂筋線淀屋橋駅のホームで、18歳の男性が携帯電話を操作していて線路に転落し、額などから出血。

12月9日10時過ぎ - 東北本線(宇都宮線)栗橋駅構内で、都内の鉄道会社社員の59歳の男が、54歳の男性に「大人が歩きながらス­マホをやっていいのか」と繰り返し注意されことに腹を立て、54歳の男性の顔を殴って怪我を負わせ、駆けつけた警察官に現行犯逮捕され、「頭にきて殴った」と容疑を認めた。

月日不明 - 歩行中に携帯電話を見ていた女性が82歳の女性に衝突し、転倒させ軽傷を負わせる。

2015年10月30日6時半頃 - 横浜線町田駅の階段で当時36歳の男性が当時46歳の男(以下、A)と肩がぶつかり、Aに「歩きながらスマホをいじるな」と言われ口論となり、Aに体当たりされ線路に転落して軽傷を負い、Aは逃走し後日殺人未遂の疑いで逮捕された(Aは殺意を否認。

出典 http://www.aut.ac.jp

今まで起こった事故や事件の事例を確認すると、線路に落ちたり、他人と討論になったりするケースが多いようです。また遮断機内に入ったことから死亡事故につながったケースも報告されています。

一歩間違えば大事故につながる危険性がある行為なのが歩きスマホなのです。

・いかがでしたか。

Licensed by gettyimages ®

歩きながらスマホをみる、たったそれだけの行為ですが、マナーや危険性を考えると控えるべきですね。ちょっとLINEのメッセージ来たから…と思っても我慢して、落ち着いたところでスマホを開けるように心がけたいと思ってしまいました。歩きスマホについて改めて考えされられてしまうお話でした。

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス