世界の漫画市場の両横綱は日本とアメリカというのは納得できるかと思います。そして3番目はどこかというと実は香港なのです。日本の漫画は大人気ですし、香港独自の漫画文化も育っています。
 そんな香港のなのですが、湾仔(Wanchai)という地区に「動漫基地(Comix Homebase)」という香港の漫画の聖地があります。この建物は元々1910年代に建てられ、香港政府からも第2級の歴史的建造物に指定されたという貴重な建物で、それを大幅に内部改修して作られたものです。

出典HKAC

改修後、動漫基地に生まれ変わりました

出典HKAC

改修前の建物はこんな感じ

 施設内にある「動漫沙龍」というところは、日本のみならず、フランス、韓国のコミックや中国の漫画などがたくさん並べられています。軽く3000冊はあるそうで、世界のコミックを見たい人は必見です。ここは、アニメや動画サイトを作るオフィススペースもあり、香港のいくつかの漫画関係のプロダクション会社が入居しているのも特徴です。 
 また、フィギュアやアニメグッズのお店あって、ロボットのフィギュアに関しては日本より平均して10%くらい安いそうです。

出典本人撮影

『ジャンプ』がありました

出典本人撮影

香港のコミック。日本よりサイズが大きめです

出典本人撮影

品揃えは充実してます

 お腹がすいたら併設されている「皇后飯店(Queen’s Cafe)」へ。名前がクイーンですが、ここは香港で50年以上の歴史を持つロシア料理の店。日本ではボルシチやピロシキは有名ですが、あまりロシア料理を食べる機会がたくさんあるわけではありませんので、興味がある人はトライしてください。もちろん、コーヒーなどひと休みするのもOKです。

出典本人撮影

レストランは落ち着いた雰囲気です

★動漫基地(Comix Homebase)
所在地:7 Mallory Street, Wanchai,Hong Kong(地下鉄湾仔駅A3出口から徒歩約7 分)
電話:+852 2824 5303
営業時間:ロビー~4階=10:00~20:00、動漫沙龍=12:00~20:00(月曜定休)

出典本人撮影

こういった憩いの場もあります

この記事を書いたユーザー

nobu takeda このユーザーの他の記事を見る

メディア業界で約20年の経験を持つフリーランス・ジャーナリストです。政治経済からスポーツ、グルメ、エンタメまで広くカバー。香港との関わりは2001年から。10年前からライフスタイル・ブランドLiucia(www.liucia.com)を共同で立ち上げ、経営もしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス