車体の色は後から塗り替えたりすることはできないので、確実に気に入った色を選んで下さい。選んだ車によっても似合う色、似合わない色があるので、自分の好みとの総合的な判断が大切です。無難な色は白ですが、明るい真っ白なものもあれば、パールが少し混ざった温かみのある白もあります。ともかく色はよく考えて後悔の無いようにしたいところです。

車種も同じように、かっこいい、可愛い、おしゃれといった車の個性をよく見て、その中で自分はどれを最も重視するのかということを考えて選んで下さい。全てが揃っている車というのはなかなか無いものです。実際に販売店に行って、気に入った車を色々な角度から観察してみることで、自分の描いたイメージと合っているかどうかを判断できます。

なお、免許取得期間の長短は本人のやる気次第ですので、メリットとは無関係です。

アルト・ラパン(スズキ)

アルト・ラパン(スズキ)のオススメポイント…スタイル、内装、価格

小さくて可愛くてレトロな感じが親しみやすいです。全体的に丸みを帯びたスタイルが特徴的で、見た目よりも車内は広い作りになっています。車室空間はまるで女子の部屋、とでも言いたくなるようなインテリアでコーディネートされていて、ずっとドライブしたくなるようなワクワク感があります。開発から装備に至るまで女性の担当者が携わっていることからメーカーが本気で取り組んだことがうかがえます。値段は新車で160万程度、中古なら100万も出せばいいものが手に入ります。高騰し続ける軽の中ではお手頃な価格と言えます。

ハスラー(スズキ)

ハスラー(スズキ)のオススメポイント…スタイル、車内の広さ、燃費

車の大きさはワゴンともミニバンともとれる欲張りな設計です。丸いフロントライトが可愛らしい顔のポイントになっています。車内は驚くほど広く、天井が高いため開放感があり、思わず背伸びしたくなるほどです。車高が高いため見晴らしも良く、今すぐにドライブして海やキャンプに出かけたくなるような車に仕上がっています。トヨタと同じハイブリッド方式のSエネチャージを採用することにより優れた燃費性能を持ち、ガソリン代の負担を軽くしています。

N-ONE(ホンダ)

N-ONE(ホンダ)のオススメポイント…スタイル、走り

やや小ぶりの車体はフロントに大きな目(ライト)を配し、その姿はミニクーパーかと見間違うほどオシャレ感たっぷりです。しかし走りはその見た目とは打って変わって硬派でスポーティーな一面があります。一旦アクセルを踏みこめば鋭い加速、交差点で曲がるときは足回りが粘ってくれてスムーズに車の向きを変えることができます。この動きはF1を戦っている走りのホンダならではのものです。勿論環境にも配慮していてECONスイッチ1つで燃費に優しいドライブもできるので、走りとエコを両立した車になっています。

車の選び方

高速道路

出典 http://www.kyosyujyo.co.jp

車の馬力や性能面では、軽自動車よりも普通車のほうが優れています。高速道路を使うことが多い、山道を走ることがある等、長距離を移動する機会が想定される人は迷わず普通車を選んで下さい。エンジンが大きい分、楽に走行することができます。

車体の取り回しの良さでは小さい分軽自動車の方が断然いいです。どうしても普通車ではないと困る理由がなければ、軽がおすすめです。それでも普通車であれば、最小回転半径が4m台前半のものを選ぶと車庫入れなどで小回りの良さを実感できます。

燃費に関しては中には40km/L近い車もありますが、あくまでカタログ上の数値であって乗り方次第で大きく影響を受けやすい数値なので、あまり神経質に考えずに25~30km/Lあたりを選んでおけば十分経済的に走ってくれます。

なお、持ってい行った方が良い物は、「試乗する勇気」です。なぜなら、眺めているだけでは車の性能はわからないからです。

税金や車検などの維持費

軽自動車税が昨年度の新車から7,200→10,800円に値上がりしました。それでも普通車の最低税額29,500円に比べるとかなり安く、毎年支払うことを考えるとありがたいです。またこれは軽、普通車ともに共通ですが、新車購入時はエコカー減税により取得税や重量税が安くなります。これらの税金は車種ごとにカタログで何%安くなるといった表示がされているので、それをチェックして車を選んで下さい。

長く乗るつもりであれば車検費用や消耗品(タイヤなど)のことを考えると、軽自動車のほうが安く済みます。車種によっては車検時までの点検費用を全て負担してくれるお得な点検パックの設定や、車体が汚れにくくなるポリマー加工を格安でやっている所もあるので、販売店に確認したいところです。

この記事を書いたユーザー

ゆっきぃさん このユーザーの他の記事を見る

フリーター

得意ジャンル
  • おでかけ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス