大地震などの災害の時に、ペットを同行して避難するように環境省が『 ペット同行避難 』というのを推奨している。

ところが、環境省の推奨している その内容では、飼い主がペットと一緒に避難することはできたとしても、『 ペット同伴可 』と許可された避難所以外には一緒に入ることが出来ないとのことだ。

ようやく災害からなんとか逃れても、その後の避難生活を送る時に、ペットと同伴出来ずに無理矢理 離れ離れにさせられて、飼い主が傍にいない慣れない場所にいる怯えたペットの様子も見ていられずに、ペットの食事や世話も十分に出来ない状況で、ましていつ他の見知らぬ人に面白半分で自分のペットがいたずらされたり、いじめられたりしたらいったい誰が責任を取ってくれるというのか。

自分だけ避難所に入れられずに劣悪な環境に置き去りにされて、ストレスを抱えてしまったペットも、そんなペットと離れ離れになってしまった飼い主たちだって、心配で更にストレスが溜まってしまうだろう。

それなのに、こんなおかしな制度が罷り通っても良いものだろうか?

いままで、家族と同じように愛情を注ぎ、一生懸命可愛がって育て、お互いに楽しく毎日の生活を共にして、またペットからも散々癒してもらったり、何も文句ひとつも言わずに飼い主のことを信頼し、懸命に奉仕しながら愛情を返してくれたペット達を、災害が起きた時に 命かながら一緒に逃げ延びたと思ったら、今度は一緒に過ごすことも許されないとしたら、いったいどうやって避難生活を送れと言うのだろうか?

私は犬や猫は飼っていないが、それ以外のとても大切なペット達と暮らしている。
だから犬や猫でも、自分の飼っているペットの大切さも 十二分に理解しているし、もし自分の元から彼らが居なくなってしまったりしたら、間違いなく発狂して死ぬほど落ち込んでしまうだろうというくらい、毎日最大の愛情を注いでいるし、また彼らも私の愛情を十分に分かっていて、それに一生懸命応えてくれるし、信頼もしてくれている。

もちろん、災害から逃れてきた 様々な人間で溢れ返っている避難所で、ただでさえ大勢の見知らぬ他人同士、プライバシーも保てずに、自由な生活も送ることも出来ずに、更には 赤ん坊や子供たちが泣きわめいたり、そこらじゅうで騒ぎ廻ったりして うるさくて過度のストレスを受けなければならない場所で、犬や猫などのペットが嫌いな人やアレルギーを起こす人だっているだろうということぐらいは、充分に承知している。

だが、ペットだけが鳴き声がうるさくて、ペットだけが不潔だという様な、ペットだけに衛生面や騒音の心配があるわけではない。

現に 今回の地震でも、一部の避難所で ノロウイルスが発生しているし、うるさいのは赤ん坊の泣き声や、1日中遠慮会釈なく走り回る子供だけでなく、他人同士の話す声や、足音やいびきだって、咳込んだりクシャミをしたり、何もペットだけ特別に迷惑な存在として、邪魔者扱いしなくともよいではないか。

やや話は逸れるが、動物を虐待したり、殺害した時の犯人に対する刑罰だって、器物損壊などという、あまりにも緩過ぎる罰則しか適用できないなんていうことも、ペットの大切さをまるで理解していない日本の国のおかしなところも、一応指摘しておきたい。

いつかまた、大地震などの災害が起きて、自分も避難しなければならなくなった時に、
もし、ペットと離れ離れにならざるを得ないような状況になったとしたら、自分だけ避難所などに逃げて、ペットを置き去りにしてまで、のうのうと避難生活を続けたりすることは絶対にしない。

万が一、非常事態で誰かに緊急に命令されて、ペットと無理矢理引き裂かれそうになったとしても、絶対に彼らを見捨てて自分だけ逃げおおせるなんてことはないと言い切れる。

たとえそれが、ペットを捨てるか自分の命だけが助かるかの判断を迫られた時は、
その時は間違いなく、残りの生存期間を、何の迷いも無く確実にペットと共に過ごすことを誓う。
もし、『 ペットとあなた自身の命と、どっちが大切なんだ!? 』と問われたら、迷うことなく間髪を入れずに、『 もちろん、ペットの方が大切に決まってるよ 』と即答するだろう。

それでも私の生涯に悔いはないと断言できるから、その時はそれで、心置きなくペットと共にこの世を去って、あの世でまた一緒に楽しくペットと仲良く過ごすことが来るだろう。




この記事を書いたユーザー

Dark Bitter Limoncello このユーザーの他の記事を見る

旅行や美味しいもの、カラフルなもの、いい香りの物の話題が大好きです。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • インターネット
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • テレビ
  • エンタメ
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら