2016年4月14日午後9時26分ごろに発生した熊本地震は約2週間経過しました。地震発生後、各地で緊急支援活動を行いました。ネットワークの発展に従って、支援方式は前と比較してかなり変わりました。本記事は新規な支援方式を紹介致します。

【Yahoo!基金】熊本地震災害緊急支援募金

今回のYahoo!基金の募金活動では、最も注目なのはマッチング寄付だと思います。マッチング寄付とは「皆さまの寄付額と同額をYahoo! JAPANからも寄付」という仕組みです。この方式のおかげで、多くの寄付者を引きつけました。

また、現金での寄付のほかに、TポイントでもできるのはYahoo!基金の支援募金活動のもう一つの新規試みです。Yahoo!は被災地への関心を十分に表しました。


日本市場向けの海外会社の支援活動

Apowersoft社は実用的なソフトウェアやサービスを全世界のユーザに提供することを旨とする香港会社です。そのうち、日本は該会社の主な市場の1つです。今回の地震被災地を支援するために、Apowersoft社はシェア・ラブ活動を展開し、専門ページから製品を購入した売上の全額は被災地に寄付します。

また、該活動をフェイスブックやツイート、はてなブックバークなどで共有すれば、1回の共有につき、Apowersoft社は10円を被災地に寄付するようです。

被災地を支援するための他に、Apowersoft社は会社をもっと多くの方々に知ってほしいという目的も抱えていると思いますが、このような支援の気持ちがあること自体はありがたいと思います。

ボランティアの現地支援

被災地の再建には、物資やお金が必要です。その他に人力も必要です。Facebookやtwitterなどのソーシャルネットワークの普及に従って、ボランティアはFacebookやtwitterなどを経由して被災地の現状を関心者に伝えて、ボランティアを募集します。

言いたい一言

災害が発生した後、支援方式に関わらず、人々は被災地への関心と支援は被災者にとっては何よりです。

この記事を書いたユーザー

スズキサトミ このユーザーの他の記事を見る

動画、音楽、iPhoneアプリ関連に興味があります。それを中心にして記事を書いてきます。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 海外旅行
  • インターネット
  • 暮らし
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら