普段、我々人間はペットを飼い、肉料理を食べ、時には動物の毛皮でおしゃれを楽しみます。
これらのイラストで成されている事は全て人間が動物に行っている事です。
通常と違うのは動物と人間が逆転しているイラストになります。

ひどく残酷に見えると思いますが、これらは人間社会で普通に行われている事なのです。
あなたはどのように感じるでしょうか?

1)鼻を切り落とされてしまう人

出典 http://www.boredpanda.com

サイ達は人間の欲によってその角を切り落とされています。

2)闘牛ならぬ闘人

出典 https://curation.ameba.jp

普段であれば、このシーンは会場から大歓声があがります。打たれているのが牛だったらの話ですが・・・。

3)外飼いされた人間

出典 http://www.boredpanda.com

今は少なくなったペットの外飼いですが、小屋も無しで外に放置されたペットの気持ちを考えてみて欲しい一枚です。

4)フォアグラ

出典 http://www.boredpanda.com

自分の意志とは無関係に食べ物を食べさせ続けられたらどうなるだろう。

5)毛皮の襟巻ではなく人を襟に巻く

出典 http://www.boredpanda.com

毛皮が無くても寒さはしのげるし、おしゃれも十分できる。

6)かごの中の人

出典 http://www.boredpanda.com

あなたの飼っている小鳥も実は「助けて」と叫んでいるのかも。

7)七面鳥が丸焼き料理を作る

出典 http://www.boredpanda.com

七面鳥の丸焼きは海外のクリスマス定番料理、人と七面鳥が逆転したら怖いですね。

8)チャーム

出典 http://www.boredpanda.com

ウサギの毛で出来たチャームもよくキーホルダーとして売られています。
これを人間に置き換えるとこんな事になるのですね。

9)人の敷物

出典 http://www.boredpanda.com

熊などの敷物はハンターの勲章のようになっておりますが熊と人間が逆転したらこういう事になりますよね。

10)養豚場ならず養人場

出典 http://www.boredpanda.com

普段ブタ達は、時と場合によってはこのような劣悪な環境で暮らしているのを強く感じさせるイラストです。

11)動物のための人体実験

出典 http://www.boredpanda.com

普段は人間のために人体実験されるマウスとウサギが人間の人体を使って薬の効能を知るための実験を行っております。
動物実験の問題は現在なお続いたままです。

12)無理やりショット

出典 http://www.boredpanda.com

自分のエゴのため野生の動物を無理やり力ずくで抑えて写真をおさめる人が中にいます。
自分がされたらどんなに恐ろしい事でしょうか。

13)屠殺場

出典 http://www.boredpanda.com

我々は動物の命を頂いているという事を決して忘れてはならないと思います。

14)ハンターの記念撮影

出典 http://www.boredpanda.com

時々ハンターが娯楽のためにライオンを殺し、踏みつけて自慢顔で記念写真を撮っているの見たことがあります。
ライオンが娯楽のために人間を倒す事はまずありません。

15)ワニ革のハンドバックを人間に置き換えると

出典 http://www.boredpanda.com

彼らもハンドバッグになるために命を落としています。
逆転すると、こういうことですよね。

ちょっと過激なイラストではありますが、私たち人間がいかに残酷な生き物かという事を考えさせられるイラストです。

皆さんはどう感じましたでしょうか?

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

MAME このユーザーの他の記事を見る

記事を読んで下さいましてありがとうございます。東京から沖縄そして現在、国際結婚で北米在住です。海外ネタや面白い話で皆さんを幸せな気分にできたら嬉しいです(^^)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • インターネット
  • グルメ
  • 恋愛
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス