作業完了後に払わないとゴネた客に…。

いますよね。作業完了後に負けろと喚く客…。一度組み込んでしまった場合、大体の業界では中古扱いになってしまう為、取り外して返品という事は基本できません。

なのでこうやって作業が終わってから、もっと安くしろと言うお客様が偶にいるのですよね…。

大損失になっても絶対まけない?

そうなんです。この方が言っている通り大損害になるのです…。

それでもこの店長さんは安くする事もなく、しっかり元のタイヤに戻したのです…。

英断という声

まさに英断といって良い決断ですね…。こういう客にはしっかりとそういう事をしてはダメという事を教えなければならないのです…。

なぜ英断なのか?

この手の作業後に安くしろというのを認めてしまうと、同じような人が噂を聞いてきてしまう可能性もありますし、なにより、それで安くなった人が調子に乗り、また同じ事をしようとします。

その店が出入り禁止にしたとしても、別のお店でまたやるのです。どこどこのお店ではしてくれたと…。こういった因縁のようなクレームを全部認めてしまうとお店は潰れてしまいます。

だからこそ、こういう輩を調子に乗せないように、じゃあ戻すわと言う決断は英断なのです。

中々こういう決断はできない…。

こうした本来は当たり前に思われる決断ですが、中々出来るものではありません。3万円で売った方がその場だけを考えると得だからです。

例えば、商品3万円、工賃5千円で3万5千円で仕事を引き受けたとします。

作業完了後3万円にしろとと言われた場合、そのまま3万円で売った場合は5千円の損失で済みますが、元に戻して0円でお帰りいただいた場合は、工賃5千円と中古扱いになった商品の差額分が損失になります。

物にもよりますが、中古になった場合半額くらいの価値になります。この場合新古品などと言って売ったとしても、商品だけで5千円くらいの損失は出てしまうのです…。

という事は損失は最低でも1万円、場合によっては2万円以上ほどの損失を出します。こちら元に戻す場合の5千円の工賃を考えずにこれです。

なので、もう仕方がないという決断に至る人も多くいますし、不本意ながら警察を呼ぶと言うこともあるのです。

しかも、この店長の格好いいところは…。

何も考えていないけど、とにかくこんな客に売ってたまるかという事ですね。

老人の値切りが酷いと話題に?

私自身コンビニで働いたことがありますが、これ本当に結構あるんです…。若者ではなく、ご老人なのです…。中でも一番びっくりしたのは公共料金の値引き交渉でした。うちにそんな権限はないと言ったら店長出せとかと喚き散らしていましたよ…。

交渉はそちらの会社として下さい。うちは払込を請け負っているだけですと丁重にお帰りいただきましたが…。

100円寿司で値切りと言うものすごいですよね…。基本的にチェーン店って値切り不可なイメージなのですが…。

機械化されていない時代を生きてきた人はもしかしたら何でも値切れると思っているのかもしれませんが、老人の値切りは最近良く話題になりますが…。

こういうお店の対応はすっきりとしますよね。値段に合意の上で作業したり、食べたりした上の後払いなのですから…。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス