京都にある「ポポロヒロバ」という個人カフェをご存じだろうか?
関西テレビなどでは度々とり上げられる、ちょっとユニークなカフェのようです。

京都府京都市伏見区にあるカフェ外見はちょっとおしゃれな喫茶店みたいです。
あの倖田來未も通ってたらしい…。

■ケーキ&パフェメニュー表

ポポロヒロバのメニューです。
「言葉にできない」「ここにキスして」「いきあたりばったり」と意味不明な言葉が並んでいます。

あなた色に染められたい

お店の前にあるメニューサンプルを見ると「あなた色に染められたい」「身も心も捧げたい」などと表示されています。

クララが立った

その他にも「クララが立った」「好きにしておくれやす」「恋するように愛したい」などの名前が…。

●パフェの作品と名前

今日は帰りたくないの

普通のお店ならばフルーツパフェとかの名前にするはずですが、ここでは「今日は帰りたくないの…」という意味不明なメニュー名です。それに何だかサイズが大きい。

初めての口づけに知った恋の喜び

モンブランパフェって感じですがなぜか「初めての口づけに知った恋の喜び」
メニュー名も長いし、なんだか口に出して言うのはこっぱずかしい言葉です。

迷い子の私を抱きしめて

豪華なパフェですが、どんな意味で「迷子の私を抱きしめて」なのでしょうか?疑問です。

恋は青いバラ

「恋は青いバラ」バラの要素も、青い要素も無いのですが…。

恋の片道切符

芸実家は作品にタイトルをつけるそうですが、マスターによるその時の気持ちによってカフェの名前も変わるのでしょうか?謎です。

めぐりあいたい

何にめぐりあいたいのでしょうか?
タイトルは謎でもパフェは美味しそうです。

小さな親切大きな下心

大きなパフェだということがわかりますね、これが下心を表しているのでしょうか?

■料理メニュー表

料理メニューもユニークで「これにする」「あれにする」「どれにする」って!
友達ときて「あれにする?」「これにする?」って話しただけでメニューが決まってしまうというややこしいことになりそうなメニュー名ですよ。

女王様のボルガライス

女王様に食べてもらいたいのでしょうかね。

カフェ ポポロヒロバ

昼間のポポロヒロバ入りやすそうな雰囲気。

店内も広く、おしゃれですね。

加賀オーナーのドヤ顔パフェ

出典 https://www.facebook.com

オーナーの加賀さんビッグサイズにご満悦。

注文する時にさすがに言いずらいメニュー名に「これ下さい」と指をさしながら注文しちゃいそうです。

しかし、ここはあえて、フルネームで注文するのが礼儀というも。メニューを考えたオーナーの思いが込められていますからね。

ところで何でこのメニュー(作品名)なのかはオーナーのみが知るところです。
食べてみればその作品名の意味も分かってくるかもしれません…。

この記事を書いたユーザー

クロダアキヒロ このユーザーの他の記事を見る

最近分かった事なんですけど長文読むの苦手です。もちろん長文書くのも苦手だったりします。なので、Twitterで話題性のあることを中心に今は書いています。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら