災害時には、様々な団体が募金集めを行います。その募金箱、よく見ると「支援金」と書いてあったり、「義援金」と書いてあったりします。あなたはその違いを知っていますか?この2つ、集まったお金の使い道や被災地に届くまでの時間、配分方法などが大きく違うのです。

「支援金」と「義援金」、お金の使われ方などが大きく違う

支援金」と「義援金」の違いをちゃんと理解されていますか? 東日本大震災では世界中からたくさんの「支援金」「義援金」が被災地に寄せられ、このふたつの言葉が数多く報道されましたが、いまでも混同して使ってしまう方がいるのではないでしょうか。「支援金」と「義援金」では、お金の使われ方などが大きく違います。心のこもった募金だからこそ、その違いをしっかりと把握して被災者や支援団体を支えてください。

出典 http://www.nippon-foundation.or.jp

日本財団ホームページより

支援金とは

各機関、NPO法人、ボランティア団体に対しての寄付で、寄付した機関、法人、団体の判断によって被災地での人命救助や復旧活動などの支援のために使われる。

【公平な配分】 → 支援団体が使い道決定
支援金の使い道は支援団体に任せることになる。各団体ごとに支援金の使途や収支の報告を行って透明性を確保している

【被災地に届くまで】 → すぐに届く
被災地からのニーズに対して、各機関や団体が各自の判断と責任において柔軟に使用できるので、すぐに活用される

出典 http://withnews.jp

withnews

支援金での募金活動

支援金での募金活動

義援金とは

被災者の方々へのお悔やみや応援のための寄付で、赤十字や赤い羽根共同募金、自治体、テレビ局などが集めているもので、義援金は寄付を集めた団体や行政が行う復興事業や緊急支援には使われないで、被災者たちに配分される。

【公平な配分】 → 被災者に公平に配分
被災した県が設置した義援金配分委員会によって、寄付金の100%が公平・平等に被災者に配布される

【被災地に届くまで】 → 時間がかかる
被災者数などの正確な情報を把握した後に均等に分配される。配布作業も混乱する被災自治体が担当するため負担が大きい

出典 http://withnews.jp

withnews

義援金での募金活動

義援金での募金活動

義援金での募金活動

義援金での募金活動

どちらも被災地での被災者のための募金

支援と義援の違いの認識不足から、募金活動の中には、支援お願いします!と義援金箱になっていたりするものもある。支援金は被災地での救援、復興のため、義援金は直接被災者のために使われる。いずれにせよどちらも被災地での被災者のための募金である。

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス