あなただったらどうしますか?

その日は、仕事に行く15分前に起きてしまい完全に寝坊でした。

朝食を食べるのをあきらめて準備し、いつもの電車に間に合うように急いでいました。

その時、タバコの臭いがしてきたので近くでタバコを吸ってる人がいるんだろうと思いました。
その辺は、路上喫煙が禁止になってるので迷惑行為です。

そのまま数メートル進むと、歩道沿いにあるお店の前にある灰皿が目につきました。

すると、灰皿が今まで見たことないほど灰色の煙に包まれてるのに気がつきました。

煙を生み出す装置でも入ってるんじゃないかと思うくらい煙がもくもく…。

辺りには人がいなかったので、吸った人は立ち去った後の様子。

煙が少しくらい出ても、大丈夫かもしれない。

急いでるので無視していこうとしばらく歩きながら、やっぱり火事になったら嫌だなと思い直し、灰皿のところまで戻りました。

戻るとまだ煙は出ていて、はっきり灰色の煙が見えていました。
近づいていく時、ものすごいタバコの悪臭がしました。

そこで、私は何をしたと思いますか?


私はその時、飲料用に水の入ったペットボトルを持っていました。

その水を灰皿にぶちまけました。
ドボドボとペットボトルの水を使うと、煙は減少しました。

その時点では完全に消えたのか分かりません。

だけど、時間がなかったので、急いで駅に向かいました。

電車には間に合いました。

だけど、ちゃんと火が消えたかどうか気になって気が気じゃありません。
警察か消防に連絡した方がいいのかと迷いました。

電車に乗っているので通話するのは良くないと思いましたが、緊急事態の時はそうも言ってられません。

そうだ、電車の中から、灰皿の置いてあるところが見えるかもしれないと思いつきました。

電車は空いていたので、窓から灰皿を見ることができました。
見たのは一瞬でしたけど、煙は出ていないように見えました。

きっと大丈夫…のはず。

そう思ったけど、近くで確認していないのでやっぱり不安が残りました。

電車から降りると、有事の時のためにメモしてあった市の警察署に電話をかけました。
灰皿のあった場所の住所は分からないので、分かりやすい建物の特徴とお店の名前を伝えました。

そして、警察が灰皿を確認してくれるとのことで話が終わりました。


帰宅時に、朝に煙を出していた灰皿の前を通りました。

灰皿から煙は消えていました。

原因は何だったのか分かりません。

灰皿がいっぱいになっていたのか、タバコを吸った人がちゃんと消していかなかったのか…

いずれにしても、灰皿があっても火災にならないとは限らないということです。

もしあなたが私のように急いでいる通勤途中に煙の上がる灰皿を見つけたらどうしますか?

他にできた行動を考える

◎人を呼ぶ

 実はタバコの煙を確認してた時に歩いてきた男が建物の階段を上って行ったんです。
その人を呼び止めてなんとかしてもらっても良かったのかもしれません。
火事になったらその人も巻き添えになったかもしれないです。
人が周りをそんなに歩いてなかったとはいえ、周囲にもっと呼びかけたりしても良かったですよね。

◎消防に通報する

火事に関してはやっぱり消防がプロなので、本当は消防を呼ぶべきだったと思います。
今回は火事にならなかったからよかったですが。


火事は燃えるものがあればどこでも起こりえます。
皆さんも気をつけてください!

この記事を書いたユーザー

Hatumi物語 このユーザーの他の記事を見る

Hatumi(はつみ)物語と申します(^-^)
ふと世の中のために何かしてみようと思い立ち、世の中について考え、世の中を良くしていけるような何かを創造したいと思います。
面白くて分かりやすく新しい発見ができるような記事を作っていきたいです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 社会問題
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス