求人情報に掲載されている、働き方の具体的なイメージ

Licensed by gettyimages ®

求人広告に実際働いている方の具体例を記載すると、イメージが湧きやすくて共感マッチングがし易い…というのは、昔求人業界で働いていた時によく言われていました。その鉄則に従って作られた、あるアルバイト募集広告が話題になっています。

話題になっているのは、あるマクドナルドに掲載されていたポスター。その内容とは…

キャベツ太郎さんによるツイート

注目されているのは、左上段に書かれた「社会人Yさん」の勤務例。

仕事が終わった後の隙間時間 22:00~翌6:00 1日6Hの週3日勤務。

この働き方がヤバイとされています。

確かに仮に週5で通常の会社勤務をしながら、その隙間の深夜帯に週3で6時間も働いたら、寝る時間なんてあったもんじゃないですね…。そして何より、これが”イメージ”ではなく、小さく右下に記載されていますが「実際に勤務されている方の一例」である事に驚きです…。

■この求人広告に対する反響

二足のわらじはキツイ…

心が休まる時間がないです…

NOT 隙間時間

寝る時間。間違いない。

これはなんだか深い。

会社勤めじゃない可能性…

フリーランスの方ならばない話ではないかも。

■他の働き方の方にもツッコミが

サークルが忙しいは…

結構この意見は多いです。

主婦Yさんに関しても…

主婦Yさん
ご主人が帰宅後の隙間時間
1日5Hの週1勤務

週1なので一応旦那さんに会えてるとは思いますが…

もしかして…夫婦

社会人Yさんと、主婦Yさん。
トンデモナイことに気がついてしまいましたね…

■実際身の回りに居たという声も

思いの外、周りに同じような方がいるという方が多いです。確かに社会人Yさんのような方は少なくとも、主婦Yさんのような方は多いかも。

実際にどのような働き方をされているのか詳細はわかりませんが、あまり無茶なシフトで体を壊さないように気をつけていただきたい次第です。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス