スキレットとは?

【スキレット】というフライパンを知っていますか?
スキレットとは厚手でがっしりとした鉄製のミニフライパン。特性は一度温まったら冷めにくく、料理に最適な熱をもたらしてくれるところで、様々な調理法で人気の料理グッズです。アウトドアなどでもよく用いられています。
人気アイアンメーカーLODGEのスキレットは約120年の伝統をもっており、特に人気の高いスキレットです☆

スキレットを使って、おいしいもの。

フォカッチャも

出典 http://folk-media.com

フォカッチャは自宅ではなかなか作れないイメージですが、スキレットを使えば、フォカッチャも簡単に作ることが出来ます。スキレットを使って、発酵も。蓋を使って、ラップ不要!節約にも。

野菜と玉子チーズのスキレット焼き

出典 http://folk-media.com

おいしそう!こんなものが食卓に出てきただけで、料理上手って思われちゃうかもしれませんね~。スキレットは使えば使うほど、お手入れが簡単になります。毎日の料理に欠かせないパートナーになりそうですね。

スキレットを使ってホルモン鍋も簡単に。

出典 http://folk-media.com

冬といえば、あったかい鍋。ホルモン鍋だって、スキレットを使えば簡単に作れちゃう。鍋だと大人数じゃないとなかなか手がだしにくい。だけどスキレットを使うことで調理も簡単。手軽に鍋を食べることができるんです。

流行のあれも。

出典 http://folk-media.com

今、たくさんのパンケーキのお店がありますね。だけどスキレットを使うと自宅でも簡単にふっくらパンケーキを作ることができるんです。自分オリジナルのふっくらパンケーキを作ってみては?

スキレットの手入れ方法

洗う

出典 http://folk-media.com

使った後は、タワシを使ってお湯で洗い流します。もしもこげてしまった時は、こげをそいでからスキレットに水をいれ火にかけ、焦げ付きを浮かせましょう。
馴染んだ油が抜けてしまうため、基本的に洗剤はNG!それでも焦げや臭いが気になる場合は、重曹や洗剤で。洗剤を使用して洗ったあとは火にかけて完全に水分を蒸発。冷めないうちに食油を塗っておきます。

乾かす

鋳鉄物は、完全に乾かすことが長持ちさせることの第一歩です。
洗ったスキレットを火にかけて青黒くなるまで焼きます。見えない穴に入ってしまっている水分をも乾かすイメージです。少しでも水分が残っているとさびの原因になります。スキレットのハンドルやカバーも忘れずに。

塗る

出典 http://folk-media.com

スキレットが熱い内に食用油を塗り浸透させます。キッチンペーパーなどを使いスキレット全体に馴染ませることにより、サビの発生を予防に。

注意と保管方法

出典 http://folk-media.com

油を塗ったスキレットは十分に冷まします。冷水をかけると衝撃で割れたりヒビが入ることもあります。

長い間使う予定がない時は、新聞紙などで包み保護しておきます。また熱を保つ特性があるため、やけどには十分注意が必要です。

この記事を書いたユーザー

ranmaruking このユーザーの他の記事を見る

美容 ライフスタイル ファッション 健康 などまとめています

得意ジャンル
  • インテリア
  • インターネット
  • ライフハック
  • グルメ
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス