債務整理とは、多額の借金を抱えて返済が困難になった債務者が債権者との間で、借金の減額や免除を受けて返済負担を軽減する手続きをいいます。
その手段には幾つか種類があり、法律上定められた制度に基づき裁判上行われる手続きと、裁判外で行われる手続きとがあります。
中でも最も利用されているのが、裁判外で行われる任意整理というものです。

最も利用されている任意整理

近年、テレビCMや電車広告、インターネット広告などで宣伝している、司法書士や弁護士などの法律の専門家が行う債務整理は、任意整理をメインとしていることが少なくありません。
裁判上の手続きは一定のルールに基づいて行っていく必要があり、手続きも厳格化されています。

どのくらい、返済額が減額されるの?

また、債務の減額や免除が認められるかは、裁判官の判断にかかっているところもあり、必ずしも債務者が望む成果が得られるとは限りません。
これに対して、任意整理はあくまでも債権者との個別の話し合いによって決せられます。
複数の債務を負っている場合でも、全ての債権者に対して行う必要はなく、高金利の債務だけを選んで交渉してもいいのです。
自由度が高いうえ、交渉の方法も必ずしも定まった方法はありません。

債務整理をお考えなら先ずは弁護士や司法書士に相談!

弁護士や司法書士は交渉のプロですから、依頼人である債務者の希望に応えるため、知識やスキルを結集して債務減額へと導いてくれるでしょう。
裁判外で行われるので、借金に困っているという事情を誰かに知られるリスクも少なく、自由度が高いことから利用する人が多いのです。

出典 YouTube

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス