地面に仰向けになって体をこすりつけるのは何故?

犬を飼っている人なら、何度も経験していると思いますが。。

お散歩中に犬が地面をクンクンしたかと思ったら、急に仰向けになって体をこすりつけることがありますよね。そしてその場をよく見たら、ミミズの死骸があったりする。。

まるで犬がミミズの臭いを体にこすりつけているような感じで、スリスリと夢中になってするのは何故なんでしょう?

なんで?

お、怒らないで~!

みんなやりますよね。

腰ふりふりシェイク

筆者の犬も夢中でやります

ミミズにすりすり♪

出典 YouTube

まさにこの構図です!

狩猟本能の名残りで自分の臭いをごまかすため

匂い付けの行動は、他の匂いをつけることによって、自分の匂いをごまかそうとしている習性だと考えられています。
野生の時代の犬は、自分で狩りをして生活をしていました。
犬は獲物を捕まえるために優れた嗅覚や聴覚、視覚を持っています。
しかし生き延びるために優れた嗅覚を手に入れたのは、なにも犬だけではありません。
捕食される側の動物も嗅覚を持っています。
敵の匂いを嗅ぎ取れば、すぐに安全な場所まで逃げていきます。
ですので、犬は自分の匂いが獲物にわからないように、動物の糞などの上で転がり匂い付けをして、自分の体臭を消して狩りを行っていたのです。
その匂い付けの習性が現代にも残っているものだと考えられています。

出典 http://sitsuke.com

狩りをしていた時の本能の名残りなのですね。

ミミズは犬にとっての香水?!

人間と犬とは好みが違う!

人間と犬との臭いの好みは180度違うのかもしれませんね~!

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら