消費税率の引き上げが現実味を帯びてきた今日この頃、そろそろ自分の家がほしいと思っている人も多いのではないでしょうか?

住宅の成約価格もここ数年右肩上がりで、成約件数も好調です。

今日は、住宅購入を考えるときの永遠のテーマである「一戸建てとマンション、どちらが良いの?」について、少し違ったデータから検証してみたいと思います。

■一戸建てとマンションの、メリット・デメリット

一戸建てとマンションの一般的なメリット・デメリットは、次のようなものです。

<一戸建ての主なメリット・デメリット>
・リフォーム・増築・改築などの自由度が高い
・管理費や修繕積立金、駐車場代などがかからない
・独立性が高いので、プライバシー面で優位性がある同じ立地条件だと、マンションよりも物件価格が高くなる傾向がある
・防犯や庭木の管理、外回りの掃除など、自分でしなければいけない
・将来の修繕費を自分で計画的に貯めなければいけない

<マンションの主なメリット・デメリット>
・同じ立地条件だと、一戸建てよりも物件価格が安い傾向にある
・将来の修繕計画が計画的に行われるので安心できるセキュリティ面で優れ、また24時間ゴミ出しや宅配BOXなど生活利便性が高い
・管理費や修繕積立金、駐車場代などがかかる騒音やペットなど、一戸建てよりも周りに気遣いなどが必要
・管理組合などへの参加義務がある

では、一戸建て・マンション購入後に起こる欠陥工事や欠陥住宅などの住宅トラブルは、どちらが多いのでしょうか?

■入居後の住宅トラブルの多さは、どちらが多い?

住宅トラブルの電話相談を行う公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターに寄せられた住宅トラブル相談では、新築・リフォームともに「一戸建て」の相談が80%を超えています。

相談内容は一戸建て・マンションとも雨漏り・ひび割れ・漏水が多く、全体の約40%となっています。

次に家族構成の変化や様々な事情で住み替えを希望した時の、売却のしやすさを見てみましょう。

■マンションの50%近くは、売り出しから3か月で成約している!

全国宅地建物取引業協会が、全国の不動産業者にむけたアンケート結果によると、一戸建ては売り出しから売却するまで1年近くかかることが多い反面、マンションは約50%近くが3か月以内に売却しています。

また、売却時の平均価格は、マンション・一戸建てとも2,000万円から5,000万円が多く、両者の価格差がそれほどありません。

このことから、一戸建てのほうが購入時の価格より値段が下がりやすいことを意味しています。

いかがでしたか?

一般的な一戸建て・マンションのメリット・デメリットとともに、入居後の住宅トラブルや売却しやすさというデータも参考にすると、より満足いく住宅選びになるかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら