全ては一枚のポスターから始まりました。

その日の夕刻、僕が偶然に目にしたポスターから、この少し長い話の幕が開くのです。

謎のポスター

出典著者撮影

A4サイズの紙が三分割され、上から順に、花火をバックにした犬のぬいぐるみらしき写真、真ん中に浴衣姿の初音ミクのイラスト、一番下にマイクを片手に黒とピンクの浴衣を着用した少女が二人、それぞれビールジョッキと犬のぬいぐるみを抱えた写真が掲載され、その横に太字で記されています。

「本田三郎先生の犬の動画はおもしろい」

ハッキリ言って、なんのこっちゃさっぱりわかりません。本田三郎先生って誰なのか?犬の動画?そもそもこのポスターは一体何を訴えたいのか、なにをPRしたいのか、こめられたメッセージの意図が余りに不明すぎて、首をひねらざるを得ません。

そのポスターは、僕の地元の最寄駅、西鉄久留米駅西口改札横に貼ってありました。

通り過ぎる乗降客の中には、立ち止まり、この謎のポスターを目に留める人もいるようですが、みな不思議そうな顔をして、意味が分からない、そう判断すると他の大事な用事を思い出して、今晩の夕飯なににしようか、おもろいテレビあるかな、そろそろバスの時間だ、我に返り足早に立ち去るのです。

取り敢えず、僕はスマホで「本田三郎」を検索してみました。YouTubeにポスターとリンクしてそうな動画がアップされていました。

犬の動画

出典 YouTube

カラオケボックスと思われる部屋で、不思議な衣装を着た女性が歌っています。冒頭のテロップで紹介されたヴォーカリスト「misa.」なる方でしょうか。知らない歌手の歌謡曲です。カメラは手作りみたいな犬の置物にほぼ固定されています。時折、きゃんきゃん、と甲高い鳴き声が挿入されます。

(…果たしてこれが、面白い犬の動画、なのだろうか?)

僕のセンスでは面白い、と捉えることは出来ません。なんだか軽い狂気さえ感じさせる動画です。ところで「ラブリー舞香」ってなんなのか、僕の頭は混乱し謎は深まるばかりです。

浴衣少女が歌う

出典 YouTube

犬の動画を見終えると、関連動画として、ポスター下段に載っていた浴衣少女二人が歌う動画が登場しました。犬の動画と同じ「ラブリー舞香」という曲を歌っているようです。

出典を確認すると、ギルドオフィシャル、とあります。

本田三郎、ヴォーカリスト「misa.」、ラブリー舞香、ギルド、次々に表れる謎のキーワード連発に僕の頭はすっかり疲れてしまいます。夕方で腹が減りました。

カレーセット、中盛り、ゆでたまご

出典著者撮影

西鉄久留米駅からほど近い、ある小さなカレー屋で夕食を済ませます。

二種類のカレーが楽しめ、カレーセットは中盛りでサラダとトッピング一品が付いて、690円と非常にリーズナブルで良心的なお店です。ミニカレーなら300円と、おやつがわりにも利用できます。営業時間は基本的に22時までですが、ごはんが無くなる、もしくは店主の気力が無くなったら、早めに閉店してしまうそうです。力の抜けた接客が魅力的な店主一人で切り盛りする名店です。

カレーを待つ間、なんとなく壁を見た僕は、あっ、と声を上げました。

出典著者撮影

「ラブリー舞香」のポスターが貼られています。花火を背景に据えて浴衣を着た「misa.」という女性が写っています。先程の動画と一致する曲名と歌手名です。

出典著者撮影

地元のCDショップで「ラブリー舞香」は販売されている模様です。

「そっかあ、本田さん、まだ頑張ってるんだあ」

ポスターの画像と犬の動画を見せると、店主はしみじみとした口調で語り出しました。本田三郎は、この店の常連客であるそうでした。店主の話から、僕は全容を大体つかむことが出来たのです。

店主の話

店主の話の概略は以下のものでした。

・本田三郎は芸名である。本名は知らない。最近は店に来ていない。

・本田三郎は勤めていた会社を定年退職し、悠々自適な生活を送っている。作詞作曲活動は趣味の一環である。もう結構な高齢男性である。

・普通のサラリーマンだった本田三郎はさかのぼる事、十数年前の或る日、カラオケ店を訪れた際、歌いたい曲、歌いやすい曲が無いことに気付き愕然とする。「これなら自分で曲を作ってやろう。ふんふんふふーん。ほら、いまの鼻歌。素晴らしい」そうして出来上がった曲が「ラブリー舞香」である。


・地元で活躍する歌手「misa.」に「ラブリー舞香」を歌ってもらい、CDを発売。

・「ラブリー舞香」を宣伝したい。カレー店の息子がパソコンに詳しい。パソコン専門学校に通うカレー店の息子に頼み「ラブリー舞香」を“初音ミク”に歌わせる動画をニコ動にアップ。素人にしては多数のアクセスを獲得する。

・「ラブリー舞香」をカラオケで歌えるようにした。その印税収入で儲けたい。飲み屋街、アイドルカフェを巡って宣伝活動に邁進する。

駅に貼られたポスターは「ラブリー舞香」を多くの人にカラオケで歌ってほしい、一発当てて印税収入で裕福な暮らしがしたい、そうした想いが込められていたのです。

misa.

出典著者撮影

地元で活躍する歌手「misa.」を取り上げた新聞記事も店内に貼ってありました。犬の動画で歌っていた不思議な衣装の女性です。彼女もまたカレー店の常連客であり、店主の息子に宣伝活動の協力を依頼しているそうです。

久留米市のご当地キャラ「くるっぱ」を宣伝し、CDも発売されています。

出典著者撮影

出典著者撮影

CDは全部で11曲収録されていますが、実質的には3曲であり、同じ曲をヒップホップやジャズ、カラオケバージョンに変えて、かさましているようです。カレー店でも1500円で販売されています。

「いりません」

店主に対して、僕ははっきり意思表示しました。YouTubeの動画をちらっと見ただけで僕は、すでにおなか一杯でした。

出典 YouTube

ギルドール

しぶりん

GUILDOLL

GUILDOLL
(ギルドール)
福岡市
GUILDOLL
所属:K&A

浴衣姿の少女二人が歌っていた動画には、ギルド公式、と出典が記されていたことは前述しました。僕は月イチで秋葉原に通う、アイドル事情に精通する職場の先輩に聞いてみました。ギルドって知ってますか、と。

「福岡にあるアニソンバーのことたい。そこで公演するアイドルグループがギルドール。まあ、地下アイドルやね」

バーですか、そうバー、先輩の即答に、僕は憧憬の念さえ感じてしまいます。さすがはオタクです。

本田三郎はそのアニソンバー、ギルド、にてスタッフ女性だか地下アイドルだかに自前の曲「ラブリー舞香」をカラオケで歌わせ、その動画を公開したのでしょう。

残る謎

「本田三郎」なる作詞家、「ラブリー舞香」という楽曲、ヴォーカリスト「misa.」「初音ミク」の意味、アニソンバー「ギルド」、これで全てが一本の線で繋がりました。カラオケによる印税収入で儲けたい、駅に貼られたポスターの意図は、その野望を叶える手段でした。

しかし、なぜ犬の動画を喧伝したのでしょうか。そこに何の因果関係があるのか、なぜ犬だったのか、はっきり言ってわかりません。もう正直どうでも良くなってきました。

「いやあ、でも今の時代、なにがきっかけで売れるかわからんよ。ラブリー舞香が大ヒットしたら本田さん、大先生になるかもよ?」

そ、そっすね、店主の言葉に僕は丸っきり気の抜けた相槌を打ちました。夢を掴むぜ、ビッグマネー、出稼ぎフィリピ―ナがパロパロ…店を出ると出鱈目な歌詞をラッパー気取りで口ずさんだ僕は、曲が完成した暁には動画をアップして、それから駅にポスターを貼ろうか、と考えました。

本田先生と同じように。

この記事を書いたユーザー

久留米の爪切り このユーザーの他の記事を見る

男は久留米という砂漠の中の一粒の砂であり、クルマ、金、女に縁がないライター志望の孤独で吝嗇な三十路だった…http://ameblo.jp/kt660cc http://tabelog.com/rvwr/002224433/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス