突然ですが「10円を描いてください」と言われたら、あなたは描けますか?

毎日見ているといっても馴染み深い「10円」ですが、詳細に描ける人は少ないことでしょう。10円のデザインばかりか、大きささえも正確に描けないものです。なぜなら、意識して見ていないからです。


それでは今度は「自転車を描いてください」と言われたらどうでしょう。どのような自転車を描きますか。

意外と難しいかもしれません。そんな、何も見ずに描かれた自転車のイラストを正確に設計するプロジェクト「VelocipediaVelocipedia」が話題になっています。中でも注目されているのがイタリア人デザイナーの「Gianluca Gimini」さん。

その作品がこちらです。

BEFORE

出典 http://www.gianlucagimini.it

AFTER

出典 http://www.gianlucagimini.it

タイヤがすぐに壊れてしまいそうです。

BEFORE

出典 http://www.gianlucagimini.it

AFTER

出典 http://www.gianlucagimini.it

サドルとハンドルの位置が遠すぎます。

BEFORE

出典 http://www.gianlucagimini.it

AFTER

出典 http://www.gianlucagimini.it

チェーンが前のタイヤとつながっていません。

作品を見た人たちからはさまざまな反応が

乗りにくそう

まともにこげない

チェーンの位置がおかしい

上半身が長くないと乗りこなせない

実際に描こうとする人も。

チェーンの位置がおかしい、サドルが遠すぎるなど、意外と自転車を設計するのは難しいもの。あなたはどんな自転車を描きましたか?

あわせて読みたい記事♪

参考

この記事を書いたユーザー

感動マニア このユーザーの他の記事を見る

思わず感動する画像や教訓を紹介しています。

得意ジャンル
  • 話題
  • ライフハック
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス