西武新宿線『上井草駅』といっても、あまりにもローカルすぎて東京に住んでいる人ですらわからないでしょうが、あのガンダムの銅像がある街と言えば、なんとなくピンとくる人が出てくるかも。
もちろん、「ガンダム像」といえばお台場が超メジャーなため、そちらと勘違いするかも知れませんが、マイナーな街にはマイナーな街の、意外とおもしろい歴史があったりするんです。

ガンダムまでの道のりは波乱万丈!

▼ プロ野球の本境地があった街

戦後の1946年にプロ野球が再開されると、戦前の東京セネタースの主軸を成した横沢兄弟が中心となって改めて「セネタース」が新球団として結成された。しかし、経済的な理由から翌年には「東急フライヤーズ」となり、セネタースの名称は消滅した。その後数度の身売り・改称・移転を経て、2015年現在北海道日本ハムファイターズとして存続している。

出典 https://ja.wikipedia.org

現在は、上井草スポーツセンターになっています

戦後、上井草球場が無くなってからは、本当にどこにでもある郊外の駅として発展を遂げた街が変わるきっかけは…

▼ 早稲田大学ラグビー部がやってきた

2002年、東伏見からグラウンドを移転し、上井草が早稲田ラグビーの拠点となりました。天然芝の美しいメイングラウンドと、人工芝のサブグラウンドおよびスクラム練習場、トレーニングルーム、寮などが整備されています。

出典 http://www.kami-igusa.com

大学ラグビーの名門早稲田大学ラグビー部が上井草にやって来ると、街はまた活気を取り戻し、近年ではお祭りまで開催されるようになりました。

北風祭の季節がことしもやってくる。北風祭とは、早大ラグビー蹴球部の本拠地である上井草グラウンドで毎年行われる、ファン感謝祭である。

出典 http://wasedasports.com

▼ 機動戦士ガンダム 降臨

2008年にはガンダム誕生の地であることを記念して、ガンダムの生みの親ともいうべき富野由悠季氏監修のもと、ブロンズ製のガンダム像が駅前に建立されました。

出典 http://www.kami-igusa.com

サンライズがすぐ近くにあるということで建てられたガンダムのブロンズ像。
地元の上井草商店街振興組合が署名活動までして設置し、現在は駅の発車メロディーもガンダムになっているほど。

上井草商店街は「アニメタウンかみいぐさ」と命名した活動で、商店のシャッターなどにも色んなイラストが描かれています。

▼ サンライズ苦難の歴史

今でこそ日本を代表するアニメ制作会社ですが、設立の経緯は『マンガの神様』手塚治虫の虫プロからの独立で、そこには虫プロの経営難という、アニメ界が背負い続けている大きな問題がありました。

創業メンバーは、虫プロが倒産直前の末期的様相を呈する前に独立した面々ではあるものの、虫プロの内情と体質的な問題を組織内部から見て知る人物達で、この虫プロの企業体質はサンライズスタジオの経営における大きな教訓となり、現在まで受け継がれている。すなわち、サンライズにおける「クリエーターが経営陣に入ってはいけない」という経営ポリシーの確立である。

出典 https://ja.wikipedia.org

コレによりサンライズは着実な成長を遂げ、それに触発されるように、上井草周辺には多くのアニメ制作会社がやって来ることとなります。

▼ アニメの街を象徴するシャッターアート

「アニメタウンかみいぐさ」の名に恥ない、商店のシャッターアート。
上井草に行くときは、お店が開く前に行った方が楽しいですよ。

ガンダムのいる街

出典 YouTube

決して大きな町ではなく、小さな商店街と坂の街、上井草。
でも、ここから世界にアニメ文化を発信している、隠れたカルチャータウンなんです。

▼ 杉並アニメーションミュージアムへ行こう

バスで7分、徒歩18分(たぶん)

上井草でガンダムを見た後に、ぜひ立ち寄りたい場所があります。
それが、杉並区が運営する『杉並アニメーションミュージアム』。

杉並区が運営する杉並アニメーションミュージアムは、なんと入場料無料。
アニメに関する企画展なども開催していて、アニメファンでなくても十二分に楽しめますし、もしかするとお父さん世代より上の方の方が懐かしいかも。

□■■■□■□■■■□■□■■■□■□■■■□■□■■■□■□■■■□■

どうですが、東京ローカスにはこんな風に知らないことを山ほど抱えた街がたくさん。

テレビ番組ではないですが、会社と自宅の行きかえりに途中下車してみませんか。

意外な発見がありますよ。

この記事を書いたユーザー

がん治郎 このユーザーの他の記事を見る

東京を歩き続けて35年。
それでも日々変わり続ける東京は、知らない場所だらけです。

得意ジャンル
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス