フランスのZapataRacing(ザパタレーシング)で解発された「フライボード・エア」をご存じでしょうか?
空気圧力を利用して直立した状態のまま空を移動できます。
ジェットエンジンのような大きな装置ではなく足元に設置した小型の空圧ジェット装置で空中を、サーフィンをするような感覚で飛ぶ事が可能です。

このフライボード・エア地上30Mまでの高さまで飛ぶことが可能で最高時速は150Km、約10分間、空飛が可能です。
こちらにザパタレーシングが撮影したフライボード・エアのテスト飛行動画があります。
一見の価値ありです。

Flyboard® Air Test 1

出典 YouTube

実はこのフライボード・エアはテスト飛行の段階で、すでに発売されている水圧ジェットで水上を飛ぶ「フライボード」の後継型になります。
地上から30mまでの高さという事はパラシュートの使用ができないようです。
よって近い将来実用化されると、水上でフライングを楽しむスポーツとして今後話題になりそうです。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

この記事を書いたユーザー

MAME このユーザーの他の記事を見る

記事を読んで下さいましてありがとうございます。東京から沖縄そして現在、国際結婚で北米在住です。海外ネタや面白い話で皆さんを幸せな気分にできたら嬉しいです(^^)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • インターネット
  • グルメ
  • 恋愛
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス