貴方の周りには、こんな人いませんか?

例えば、少額で「千円貸してくれない?」から、借金の金額が多くなってきたり

泣きながらの電話で「ゴハンも食べれない」「おむつ代もない

もしかしたら、そんな女友達はギャンブル依存症かもしれませんよ!

簡単に貸してと言ってくる人は信用するな!!

借金を頼み込んでくる人は、借りるまでは必死に頼み込んでくるが
いざ、いつまでに返済してね。
と約束していても、あれこれ理由をつけて返済を数日引き延ばしたりする人も
多くいます。

はたして、その善意の手助けで手を差し伸べて貸した、お金は生活に利用されているのでしょうか?

簡単に人にお金を借りる人は借りたお金をどう使おうがこっちの自由というような考えの人もいますね。

たとえ我が子をだしに使おうが、お金さえ借りられればいいのです!

そういう人たちは、貸した側が働いて作っている、お金なんだというう事すら
もはや気づく事さえも出来ないんです!

たとえ、とても仲がよくても親しき仲にも礼儀あり!という言葉もあるぐらいです。
お金を貸すのではなく、オムツならオムツを購入して渡しましょう!

借りたい金額が嘘であれば「自分で買うから、お金を貸して」など言ってくるでしょうから!
そういう時は相手の為にも貸さない事が大事です!!

一種の病気だと思って突き放すことが大事です。

主婦に多いギャンブル依存症!!

ギャンブルの怖さを知らない主婦の人に多く見られるギャンブル依存症
本人すら気づかないうちに、どんどん負のスパイラルにハマってしまっているようです。

もはや正しい判断すら出来ない状態です。

こんな女性がいました。
家族構成・夫、妻、子供1人
夫の収入 30万円
団地住まい
子供は保育園通いでパートで月に8万円ほどの収入
毎月の世帯収入 38万円
家賃 約3万円
光熱費 約2万円
保育料 約2万円
交通費 車2台(軽自動車) 約1万円
必ず出ていく支出が 単純に 約10万円となりますね。
残金 約28万円

この女性はパートが終わり保育園の迎えの時間までの時間つぶしで
以前からしていたパチンコ・スロットをしてしまいます。
1万円だけ使えば大丈夫が、2万円になり
もう少しで出るかもの繰り返しで3万円だけのマイナスで済んでいたものが
なんと残りのお金まで
わざわざ途中にお金を引き出しにに行ってまでも使い込んでしまいます!!

最終的に手元に残った金額3万円

ありえないですね!
普通に考えればありえませんよね
彼女は、さらに
ありえない行動をとってしまいます!
長年、彼女のそういった行動を注意してくれる友人にお金を貸してほしいと頼み込んで
しまいます。

さすがにあきれた彼女の友人は縁を切る事にしたそうです。
次の旦那さんの給料日まで3週間程度
週1万円の背活費のやりくりにすれば生活出来ますからね。

ギャンブル依存症の人は贅沢病の人が多いようです!

普通に生活できる金額があるのに
さらにギャンブルによって増やそうとしてしまう傾向があるようです。

一般的な主婦の考え方!

一般的な主婦をみてみましょう先ほどの女性と同じような家族構成で
収入も同じぐらいだとします。
ギャンブルをしない働くママは堅実です!
前記の女性のように家賃・光熱費・など差し引いて
手元に約28万円残っっているのなら一般ママは

食費などに週1万円×週4=4万円
夫のこずかい月3万円
子供の習い事 月1万円
子供の為の貯金 月2万円
交際費 月2万円
いざという時に使う為に置いておく金額 月2万円
合計 約14万円
です。手元に残った 28万円-14万円=14万円
賢い主婦は

残った 14万円は別口座に貯金しておくようです。

貯金をしておくと
いざ、お互いの親や身内に何かがあった時に慌てなくて済むから
などの意見が多いです。

もし貴方の妻が知らない間に前者の女性なら?

家庭内の財布事情を奥さんにまかせっきりにしていませんか?
前者のような女性が貴方の妻だった時
貴方は、どう行動しますか?
一生懸命、汗水流して働いて稼いだ家族の為に稼いだお金

ギャンブル依存症は、家族で把握して注意しておかなければ
何度も繰り返す病気です!
もし前者の女性が妻なら、財布の管理は夫がやらなければなりません!
妻まかせだけにしていませんか?

家庭から、毎月どれぐらいの支出があるか把握していますか?
貴方の知らないところで誰かから、お金を借りていませんか?
最近、妻の友人から連絡来なくなったな~
など思い当たる節は、ありませんか?

後者の一般的な主婦の場合は、まったく心配がないぐらい奥さんに
任せて大丈夫ですね。
また、後者の女性のような妻の場合
聞かずとも夫婦間の会話の中で光熱費などの金額が把握できている家庭です。

ギャンブル依存症にならない為に

ギャンブル依存症にならない為に
お金は楽して手には出来ない事を知りましょう!

過去にギャンブル経験があるのならば
ギャンブルの場所に行かないようにしましょう。
甘い誘惑を避ける事が大事です!

どんなに大変でも自分で解決する事を心掛けましょう。
すでにギャンブル依存症かも?など自覚しているのなら
精神科を受診し専門医と相談していきましょう!



パチンコ・スロット
依存症じゃない人ならば、趣味の範囲で抑えられます!
負けている事に気づく事も大事です!

自分のしてしまった軽い行動・発言で
大切な家族や友人を失ってしまわないように!!
失ってしまった信用を取り戻す事は簡単な事ではないです。


この記事を書いたユーザー

MILIMI このユーザーの他の記事を見る

気になる話題や出来事などの情報発信していきます

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 育児
  • 感動

権利侵害申告はこちら