記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
暑くなってくると自分自身や周囲の人の体のにおいが気になってきますが、とくに嫌なにおいのひとつがわきがです。わきがは食べ物に気をつけることで防ぐことができるといわれていますが、果たして本当でしょうか?

今回は、わきがと食べ物の関係について医師に解説していただきました。

アポクリン腺が多いとわきがになりやすい!?

わきがは、わきが特有の、刺激するようなにおいがあることで知られています。アポクリン腺とよばれる汗腺から出る汗が、わきがの原因となります。

汗そのものはにおいはしませんが、アポクリン腺からでる汗には、脂、たんぱく質、アンモニアなどの成分が含まれており、これらが皮膚に普段からいる菌によって分解されたり、わきに停滞する汗で菌が増えることで、わきがのにおいが発生するとされています。このにおいに皮脂がまざると、さらににおいは強くなります。

わきが体質かどうかは、アポクリン腺の数によって決まり、この数が多い人はわきがになりやすいといえます。もともとの体質に加えて、肉などのたんぱく質やカロリー、脂肪の多い食事を続けていると、アポクリン腺の汗ににおいのもととなる脂やタンパク質がだされやすくなり、わきががひどくなる、といえます。

油分を避ける&繊維質の野菜をとるとワキガは防げる?

では、わきがを防ぐにはどのような食事をとるのがいいのでしょうか?

まず、油や脂肪の多い肉はなるべく避けることで、においがおさえられます。具体的には、ジャンクフードやスナック菓子なども避けた方が無難です。

加えて、和食など、穀物や野菜、繊維を多くとる食事を続けると、わきがを防ぐ栄養素が摂取できると同時に、便秘など排泄がうまくいかなることもにおいが強くなる原因の一つですので、これを改善することができます。

また、大量に食べすぎないこと、夜遅くに食べない、ということも大切です。たくさん食べ過ぎてしまったり、夜遅くまで食べると、消化不良を起こします。これは消化、排泄がうまくいかなくなる原因となるために、においの原因となるため、規則正しい生活を行うのが大切です。

≪自分のニオイは大丈夫?≫
不安なあなたはセルフチェック【わきが】診断」

【医師からのアドバイス】

わきがが気になる方は、うまく食事をコントロールすることでにおいをおさえ、夏を快適に過ごしていきたいですね!

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら