記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
妊娠中は、体の変化に戸惑ったり、判断に困ることがたびたびあるかと思います。
その中でも妊娠中に多い「尿もれ」と出産間近のしるし「破水」は、混同することもあるかもしれません。

今回のテーマは「破水と尿もれの区別」です。医師に話を聞きました。

「尿もれ」と「破水」の違いとは?

そもそも、「尿もれ」や「破水」とはどのようなものかおさらいしましょう。

≪尿もれとは…?≫
妊娠中の尿もれは、半数以上の妊婦さんが経験するといわれるよく見られる症状です。
特に、お腹の赤ちゃんが成長するにつれて、子宮がどんどん大きくなってくる妊娠中期以降、膀胱が圧迫され、尿もれが多くなってくるようです。

≪破水とは…?≫
破水は、多くは出産が近づいてきた際に、赤ちゃんを包み保護していた羊水と呼ばれる液体が、赤ちゃんと羊水をくるんでいた卵膜という膜が破れてしまうことで外に出てきてしまうものをいいます。

尿もれか破水かの判断は、尿と羊水を落ち着いて確認することである程度可能です。

次からは尿と羊水の見分け方のポイントについてお伝えします。

尿と羊水を見分ける、4つのポイント

尿と羊水を見分ける方法は大きく4つあります。

1.におい
尿には独特のアンモニア臭があります。
一方、羊水そのものにアンモニア臭はありません。羊水は生臭い感じや甘酸っぱいなどと表現されることが多いようです。(においは個人差があります。)

2.色
尿は薄い黄色です。
それに対して、羊水は多くの場合は無色透明です。時に白っぽかったり、黄色っぽかったりすることもあるといわれています。

3.量
尿もれは、笑ったりくしゃみをしたりと腹圧がかかったときに、ほんの少し漏れるケースが多いです。
これに対し羊水の場合には、破水して多量に流れ出ることが多いです。なお、一度に大量に流れ出なくても、とぎれとぎれに何回も流れ出てくる場合もあります。

4.止められるかどうか
尿は自分の意志で筋肉を引き締めることによって止めることができます。
破水の場合はすでに膜が破れてしまっているので自分の意志では流出を止めることができません。この点も、見分けるための有力な手掛かりとなります。

それでも判断に困ったら、どうしたらいい?

妊娠後期は何となく落ち着かなくなり、冷静な判断ができないこともあるでしょう。
頻尿になることや胎動や圧迫感などで不眠になる、体重の増加で疲労感が増して、尿もれか破水か判断に困ることもありえます。

そういった場合、赤ちゃんの安全を第一に考えて、迷わずかかりつけの産婦人科に連絡をしましょう。状況を伝え、受診の必要性について指示を仰ぐようにすると安心です。

≪妊娠中、正しい生活出来ていますか?≫
妊娠中正しい生活を送ることができていますか?【妊娠中の過ごし方診断】

【医師からのアドバイス】

妊娠・出産は人生の一大事です。
命にも関わりますので、どんなことでも不安に思うことがあれば遠慮せずに医師に質問しましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス