現在も地震の脅威にさらされている熊本県、被害はさらに拡大しています。そんな中タレントの紗栄子さんが500万円の寄付を行うなど、日本中から暖かい支援の手が差し伸べられています。

しかしニュースなどで見ることが出来る支援物資などとは違い”お金”が実際に被災者の手に届いているのか、その流れは非常に不透明です。

「本当に被災者の方々に届いているのか?」「悪用はされていないのか?」心配になります。

不透明さゆえに募金出来ずにいる人も多いのではないでしょうか?

被災地のために募金を。でもどの団体に?と思っていたところです。

出典 https://twitter.com

どこに募金したら確実か迷ってました。

出典 https://twitter.com

そんな中、募金が役に立っていることが実感出来るあるツイートが話題を呼んでいます。

そのツイートの主は実際に三陸地震で被災された経験を持つ「虹を待つ人」さん。

実際のツイートをご紹介します。

日本赤十字や中央共同募金会に集まった寄付が実際に分配されていることがわかります。

寄付されたお金は確実に被災された方々の生きる糧・希望になっていることがわかります。この声に寄付した側も勇気づけられることでしょう。

募金先によって被災者へ振り込みというかたちで直接支援に役立てられたり、福祉活動の資金源として役立てられたり、様々な方面から被災者の支援にあてられています。このような被災者側の発信は大きな力となります。

勇気づけられた支援者の声

Licensed by gettyimages ®

半信半疑だったけど

募金します!

重みがあります

生の声こそ励みになる

嬉しいし、効果的です

ホッとしました

個人にもまわることを初めて知りました

今すぐ出来る現在受付中の募金先

Licensed by gettyimages ®

田村敦さんオススメの「CAMPFIRE」

支援物資はまだまだ足りません

Licensed by gettyimages ®

ツイッターを通して支援物資を求める多くの被災者の声が寄せられています、支援物資を送る為にはその内容と現地の物流状況を確認してからがいいでしょう。

4月21日の時点でも物資はおろか食料も不足している避難所もあります。

安定した支援物資の供給はまだまだ難しい状況です。支援物資が届いては底をつくような状態が続いているようです。

多くの支援者が駆けつけるも物資の不足は深刻な問題です。

宮崎から支援のバトンリレーも

出典 https://twitter.com

この姿に被災経験のない支援者たちも勇気づけられます。

「なにか力になりたい」「心配で居ても立っても居られない」という気持ちを多くの人が持っていますが、実際に九州まで物資を運ぶのは誰でも出来ることではありません。

また、救援作業の妨げになるとして一部の地域では個人での物資の運搬やボランティア活動の自粛を求めるところもあります。

物資など今現在必要なことはもちろんたくさんあると思います。しかし「虹を待つ人」さんのツイートでもわかるように、被災された方々はこれから何年も支援を必要とするのです。”募金”という方法も我々が出来る立派な手助けだと思います。

「ギエンキン」は大きな支えになっています。

この記事を書いたユーザー

マスターお肉 このユーザーの他の記事を見る

頑張ります!

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • スポーツ
  • 育児
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス