被災地への企業支援が広がり始めた

大手企業では被災地におにぎり等の食料品や衣類や、
毛布等の救援物資を送る支援が始まったようです。

仮設住宅の準備が始まった

大和ハウス工業・積水ハウス

11.11 #25 2号車 大船渡 三陸町越喜来 仮設住宅
by jetalone

要請があれば仮設住宅を提供できるように、工場などの稼働準備の手配を始めました。

おにぎり等の食料品の支援も

セブン&アイ・ホールディングス

Seven-Eleven Ikebukuro Nishiguchi Park
by Dick Thomas Johnson

おにぎり3000個や2リットルの水6000本を提供されました。

江崎グリコ

出典 http://www.amazon.co.jp

江崎グリコは賞味期限5年の保存用ビスコを届けることになりました。

その他たくさんの企業が動き始めました!

ミネラルウォーターやカップ麺

Licensed by gettyimages ®

エコノミー症候群を防ぐためには、飲料水が必要です。

日清食品はカップ麺20万食以上を、熊本県に工場を持つサントリーホールディングスはミネラルウオーター21万本を、それぞれ被災地に提供した。

出典 http://news.nifty.com

おにぎりやパン

Licensed by gettyimages ®

配布しやすいものといえばパンやおにぎりですね。

ファミリーマートはパン5万5000個以上、おにぎり2万1000個以上を支援。

出典 http://news.nifty.com

牛丼の炊き出しも始まった

ツユダクたまご
by hirotomo

過酷な避難生活もあたたかい食べ物で癒されます。

牛丼チェーンのゼンショーホールディングスと吉野家ホールディングスは、熊本県の避難所で炊き出しを行っている。

出典 http://news.nifty.com

レトルト食品

出典 http://www.amazon.co.jp

おかゆは高齢者でも安心して食べられます。

味の素はレトルト製のおかゆ5万4000食を届ける準備を進めている。

出典 http://news.nifty.com

日用品の支援も始まりました!

サランラップ

出典 http://www.amazon.co.jp

被災地では重宝すると話題のサランラップは助かりますね。

旭化成は食品包装材「サランラップ」を10万本寄付する。食器に敷けば食後に洗う必要がなくなるなど多様な使い方ができ、「東日本大震災の時も『役立った』との声が寄せられた」(広報室)という。

出典 http://news.nifty.com

紙おむつ

出典 http://www.amazon.co.jp

紙おむつは子供用だけでなく、大人用もあれば重宝するものですね。

花王とユニ・チャームは業界団体を通じ、被災地で不足している子供用紙おむつ6万枚などを送った。

出典 http://news.nifty.com

水のいらないシャンプー

出典 http://www.amazon.co.jp

資生堂は水がなくても使えるシャンプーなどを送る考えだが、「時期は地元の状況を見て判断する」(広報部)と説明している。

出典 http://news.nifty.com

お風呂に入れないとき等は便利なのですが、まずは食糧や衣類などが優先されるのでしょう。

また、製薬会社に関しては厚生労働省の指示を受けてから、支援を依頼する形になるそうです。

いかがでしたでしょうか

企業からの食べ物や日用品の支援が始まったようで安心しましたね。
まだまだこれからも大変だとは思いますが、被災地の方々が早くこれまでの暮らしに戻れるようになることを祈るばかりです。

この記事を書いたユーザー

ALICE このユーザーの他の記事を見る

東京でクリエイターをしています。最近は主にデジタルコンテンツの制作をしています。
アート、デザイン、音楽、ファッションなどが大好きです。
たくさんの人たちが楽しめるような情報を中心に発信したいと思います。
よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • インターネット
  • おでかけ
  • 広告
  • 料理
  • テレビ
  • カルチャー
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス