まずは試してから

Licensed by gettyimages ®

食品スーパーで社員として勤めている私はたまに店長の代わりにアルバイトの面接をすることがあります。そこで疑問に思うことの一つです。

それは会社のアルバイトから正社員になれるチャンスがある「正社員登用制度」を期待して・・・

将来の社員希望でアルバイトの面接を受けにくる人が多いことなのです。

こう言うと、「そんなことはほっといてやれよ」と言う声が聞こえてきそうなのですが、今、急増する中年フリーターが社会問題になっているだけに気になるのです。

もちろん本人に直接疑問を投げかけたりはしませんが心の中でそう思うのです

社員募集の面接にも受かるのではないかと思われるアルバイト希望者

Licensed by gettyimages ®

以前に店長不在のために私が面接をした彼もそんな一人でした。面接時の彼は、真面目でしっかりしている印象がありました。恐らく社員募集で本社の面接に行っても採用されたのではないかと思ったのでした。

「アルバイトから社員になれますか?」

彼からの質問に私は、「それほど数はないけれど、なった人はいます」と答えました。彼がアルバイトの面接にきたのは、たまたまうちの店が人員不足でアルバイト情報誌に募集をかけてたのを見たからなのです。

しかし、うちの会社は時折、社員が辞めて行くので、その都度本社も社員の募集を求人誌や職安に出しているのです。なので・・・

うちの会社の正社員の求人を目にするのはタイミング次第なのです。

つまり、ちょっとしたタイミングの違いで彼は最初から社員として会社に入ることが出来たのかも知れないのです。しかしこの会社の事情というものは余計なお世話ということで口には出さないものなのです。

その彼は、真面目できちんと仕事をこなし、私たちは、「いい子が入ってきたなー」と喜んだのでした。その彼が1年ほど過ぎた後・・・・

「ちょっと言いにくいことですが・・・」

Licensed by gettyimages ®

彼は私にある相談をしてきたのです。面接時に私に、「いずれは社員になりたい」と言った気持ちで1年以上頑張ってきたそうです。しかしいつまでたっても、「社員にならないか?」と言う声がかけられなさそうな気がしたそうなのです。

「どうして声をかけてくれないの?」


そう思うようになり、声がかからなさそうな現実に「私って能力的に無理なのかな?」と思うようになり向上心が折れそうになったそうです。

「いやいやちょっと待って!能力的には決して劣ってないよ」

私は彼の自分を卑下する言葉を否定しました。もっと違う問題があるのです。その問題とは単純に言うと彼はあくまでもアルバイトとして採用されているというなのです。

冷たいかもしれませんが、こちらから「社員にならないか?」と声をかけるのは余程周囲から認められた存在でなければならないので、ハードルが高いのです。

「求人誌を見たのですが・・・・」

Licensed by gettyimages ®

彼はうちでアルバイトをしながら社員として働ける会社を探していたそうです。そんな時にたまたま見つけたそうです。

他店の社員が辞めて、社員が足りなくなり、本社が求人を出していたのです

その求人をたまたま見付けた彼は、「○○地区で社員募集しているそうですけど、僕たち応募出来るんですか?」と聞いてきました。彼にとっては、一種の賭けだったと思います。

うちには何年もずっとアルバイトのままの人が何人もいるからです。

といっても、そういう人は私たちが声をかけても「もうちょっと経験を積みたい」と言って断ってくる人なんです。つまり現状に満足をしている人なので遠慮をする必要はないのです。しかし、そうは思っていても心理的に遠慮をしてしまいがちだと思います。

そんな状況の中、自分はこれからこの会社でどうしたいかと言う意思をしっかり伝えてきた彼に私は、「大したものだな」と感心をしたのでした。

そして、彼からの希望を、さっそく店長と本社に連絡すると、本社に面接に来てくださいということになりました。そして彼は面接に受かり、社員になることが出来ました。

見事に社員の椅子をゲットした彼

Licensed by gettyimages ®

といっても今までにアルバイトの子を本社に紹介して採用されなかったことは一度もありません。店舗が推薦するアルバイトは即戦力とみなされるのでしょう。

つまり、私が知る限り採用率100%です。

だからと言って彼に、「絶対に受かるよ」とは言えませんでした。「絶対受かる」と言って万が一落とされたら恨まれると思ったからです。この出来事で同僚の女性社員と話をしました。同僚の女性社員は・・・

「いいタイミングだったね」

Licensed by gettyimages ®

同僚女性社員は、他店の社員の空席をいち早く察知して、とてもいいタイミングで空席をゲットした彼に感心をしていました。なぜならうちの会社は・・・

最初から正社員として入るよりも、アルバイトから経験を積んで社員になる方がハードルが高いのです。

もちろんうちよりも大きな会社なら、社員の面接も受かりにくいと思うのですが、うちは「とりあえず入れてみよう」というノリで採用をしているように思えるのです。 

とりあえず入れて見て、3カ月の試用期間で、「使えるかどうか」判断しているように思うのです。だから、たまたま見た求人がアルバイトであったか社員かであったというタイミングの違いで大きく道が変わるのです。

ちなみに私がアルバイトとして今の会社に入っていたら社員になれる自信はありません。

なぜなら、こういった道は誰かが教えてくれると言うものではないのです。

Licensed by gettyimages ®

道は誰かが親切に教えてくれるものではないのでしょう。よほどの事でない限り余計なお世話なことはしないのです。自分で道は気づけということなのです。見付けたら早いもの勝ちなのです。

さらに道に気付いてもその道を行くかどうかはその人次第なのです。

もちろん周りが放っておかないような能力をアピールできるなら、誰かが社員への道へ引っ張っていってくれることもあるでしょう。

そうでなければ、その道を行く勇気。つまり自ら立候補する勇気が必要だと考えられるのです。周囲に遠慮して言いたい事が言えないタイプである私にはこれらの事情から

アルバイトから社員登用制度を利用して社員になるのはハードルが高いように感じるのです。

数多くの将来の社員希望のアルバイトが、そのままアルバイトとして終わる姿を見てきてつくづくそう感じます。

能力的に問題がないのにその選択。実にもったいないことをしていませんか?

求人雑誌などを見ると「正社員登用制度」と言う言葉が目につきます。それで、まずはアルバイトからという考えをもつ方も多いと思います。そういった方の参考に多少はなるだろうと思い、私なりの多くのアルバイトと接してきた経験を書かせてもらいました。

この記事を書いたユーザー

ロバート・熊 このユーザーの他の記事を見る

spotlight公式プラチナライター。食品スーパーの店員ならではの記事を楽しんでいただければと思います。

権利侵害申告はこちら