今や海外でも注目されはじめた熊本県での災害。
最初の地震があった次の日には雨が降った。
多くのひとが不安と不便のなかその日を過ごしただろうか。


気象庁は本当に地震を予測できなかったのか?


毎日の報道で多くの大学や大学院、そして、研究所から偉いひとが熊本を訪れては研究の材料としていろいろなデータを録っている。


彼らは地震を予測できなかったのだろうか?

学者は何をいったい研究するのか?

では、学者は研究のデータの基で今後の地震での災害から人々を守る計画はたてられるのか?


学者は過去のデータを取り出して、見比べ、違いを語るだけではないか?


次に起こりうる災害の予想すらできない研究など意味があるのか?

募金をしても意外なところに使われてしまう事実

駅前や大学、また、公共施設などで募金が始まった。



あなたは募金をしますか?



募金したお金がどうやって使われるか心配になったことはありませんか?



以前、赤十字に募金をしたのですがテレビの報道で募金の大半はボランティアのご飯代や報酬に当てられているといっていたのを聞いて本当にショックでした。



今回も募金をしても仕方ない。

そう思ってしまうんです。

くりぃむしちゅー上田晋也さんが多額の寄付金を

くりぃむしちゅー上田晋也さんが地元である熊本へ96兆3000億円を寄付

これは事実で、ツイッターにも新聞にも載りました。



熊本出身の芸能人は結構いてスザンヌさんもそのひとり。

自身の熊本の実家も震災し崩壊したとSNSで語っていました。



やっぱりお金持ちのひとから寄付を義務化するのは必要だと思うんですよね。

上田さんのように国を買えるほどのお金を持っているのだから。

この記事を書いたユーザー

7ate9designers このユーザーの他の記事を見る

日常で感じたことを書いていきます。 よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス